ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

【あまりにも悪質!】ソーシャルレンディングの通知簿(旧「週刊資産運用通信!」)

f:id:socialen:20200611222234p:plainこんにちは!ソーシャルレンディング投資歴9年目のサイタマンです。

 

これまでは、「例のブログ」「問題ブログ」と文章での名指しはしていませんでしたが、これはもう名指しされても仕方がないレベルでしょう。

「ソーシャルレンディングの通知簿(旧「週刊資産運用通信!」) 」が、度を超えた虚偽の記事を掲載してきました。

 

以前、「高利回りとして唯一あり得るのはクラウドクレジットのみ」という見出しでクラウドクレジットのアフィリエイトリンクに誘導していることを批判させていただいたことがあります。 

www.socialen.net

 

このときは、その時点でのクラウドクレジットの平均利回りと大きな違いはありませんでしたので、事実と異なる情報ではあっても、笑わせていただくくらいの感覚でしたが、今回の記事は笑ってはいられないくらいの虚偽記載でしょう。

何と、2020年6月11日付け記事で、「年利7.5%」と2年も前のIRRを掲載して「高利回りとして唯一あり得るのはクラウドクレジットのみ」と言い切ってアフィリエイトリンクに誘導してきたのです。

表題は「ソーシャルレンディング詐欺や不正の見分け方!これに気をつけろ!」、カテゴリは「クラウドクレジット」として、眉唾物の不正事業者の見分け方を披露した後で、クラウドクレジットのアフィリエイトリンクに誘導する手法が取られています。

「これに気をつけろ!」ということであれば、「エニート(たくたく、tanabe54)には気をつけろ!」が正解だと思います。

f:id:socialen:20200611205951j:plain

(「ソーシャルレンディングの通知簿」2020年6月11日付け記事より) 

 

これって、2年も前の2018年7月期分配前段階の数値なんですよね・・・

 

最新のクラウドクレジット公表の利回りは2.72%(IRR)です。

f:id:socialen:20200611213227j:plain

これは、クラウドクレジットが悪いわけではありません。

そもそもクラウドクレジットでの運用は、投資時期によって利回りのブレが大きいことから、クラウドクレジット自ら時間・通貨分散投資を推奨しているわけで、「高利回りとして唯一あり得るのはクラウドクレジットのみ」という宣伝の仕方に問題があるのです。

 

いや、本当にいい加減にしろよと・・・

 

この記事を読んだ投資初心者の方にとっては、「ソーシャルレンディングNO.1情報サイト」が推奨する「唯一の高利回り事業者はクラウドクレジット」 と理解されるのが普通でしょう。

しかも例によって、誰でも批判できるデフォルト・延滞中事業者を散々批判した後で、「ここなら安心・安全ですよ」とやっていますから、投資初心者からすれば、当該事業者が光り輝いて見えることでしょう。

悪質極まりない記事だと思います

 

こんな「高利回りとして唯一あり得るのはクラウドクレジットのみ」というような虚偽記載によるアフィリエイトの仕方は、クラウドクレジットにとってもプラスになるとは到底思えません。

 

私のブログも広告を掲載してますので、他の方のブログ運営に批判的なことを書くと、ブーメランが返ってくる可能性もありますが、エニート(たくたく、tanabe54)氏運営の「ソーシャルレンディングの通知簿」(旧「週刊資産運用通信!」)だけは確実に悪質だと言い切って問題ないでしょう。

許容される限度を確実に超えていると思います。

ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓



【口座開設リンク】

Rimple(リンプル)
Rimple(リンプル)
A funding

CrowdRealty

SYLA FUNDING
SYLA FUNDING
CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners
SAMURAI証券
SAMURAI証券
COOL
COOL
Funds
Funds
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
CREAL
CREAL
FANTAS funding
FANTAS funding
クラウドバンク
クラウドバンク
クラウドクレジット

Pocket Funding
Pocket Funding
ASSECLI

※上記は全て管理人が実際に利用している事業者ですが、元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。