ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

新規登録で楽天ポイント2,000円分プレゼント!
バンカーズ

【新規口座開設キャンペーン中!】累計出資総額240億円超えのクラウドクレジットに再投資しました!

f:id:socialen:20191209133347j:plain

こんばんは!ソーシャルレンディング投資歴8年のサイタマンです。

 

先日、クラウドクレジットから初の償還があったのですが、再投資するのを忘れていましたので、本日再投資させていただきました。

f:id:socialen:20191210193918j:plain

 

クラウドクレジットでは、「全案件への分散投資」を推奨されているのですが、正直、未知の案件が多過ぎますね(笑)

これら全てに1万円ずつとか張っていってもいいのですが、今回は全額「東欧金融事業者支援ファンド(円建て、ユーロ建て)」に投資させていただきました。

円建ては利回り5.7%とそれほど高くありませんが、「全体の損益統計」によると、利回りの平均値は5.55%となっていますので、結局この程度の利回りに収束するのかなということで多めに投資しておきました。

f:id:socialen:20191210193515j:plain

 

今回の投資により、運用先は「東欧金融事業者支援ファンド」にかなり偏ってしまいました。

他のファンドについても、もう少し実績が出てくれば、追加投資も考えたいと思っています。

f:id:socialen:20191210195049j:plain

→クラウドクレジット公式サイト

 

クラウドクレジットでは現在、新規ID登録・口座開設者を対象として、20万円以上ファンドを購入された方にSBIポイントを5,000ポイントプレゼントするキャンペーンが実施されています!

f:id:socialen:20191102220130j:plain

 

【キャンペーン概要】
付与SBIポイント:5,000ポイント
対象のお客様:下記キャンペーン期間中に、新規でID登録及び、口座開設を実施の上、20万円以上ファンドを購入されたお客様。
キャンペーン期間:2019年11月1日(金) 0時0分 〜12月31日(火) 23時59分
ポイント付与予定日:2020年1月下旬〜2月上旬

→クラウドクレジット公式サイト

 

私の場合は、今年の2月から50万円でクラウドクレジットでの投資を開始しましたが、 

残念ながらこんなに破格のキャンペーンは実施されていませんでした・・・

多少の為替変動については仕方がないのですが、当時よりも円高になっている通貨もありますので、今から始められる方は少なくとも私よりは有利な状況で投資を開始できますね(笑)

f:id:socialen:20191102220924j:plain

SBIポイントの交換先は上のように様々ありますが、SBIソーシャルレンディングとID連携済なら、住信SBIネット銀行の口座をご指定の場合、交換手数料無料で5,000ポイント=5,000円、10,000ポイント=12,000円で現金に交換ができます。 

通常の現金交換の場合は、住信SBIネット銀行の口座指定でも5,000ポイント=4,250円、他行の場合は5,000ポイント=4,000円ですので、かなりお得になります。

→SBIソーシャルレンディング口座開設

SBIソーシャルレンディング

 

私の場合は、初めてのクラウドクレジットでの投資として、10案件に合計50万円を分散させていただきましたが、通貨としては、ドル、ユーロが通貨価値が安定していて大暴落の危険性が比較的低いので、現在もここを中心に投資させていただいています。

 

また、今年6月にはクラウドクレジットはついに単月黒字を達成しています。

①6月も引き続きファンド販売額が好調であったこと
②財務規律が浸透しつつあり、費用面で対予算比削減ができたこと
③消費税の還付があったこと

等により、キャッシュフロー上の単月黒字を達成致しました。

③は季節要因ですが、①②により当社の収益力は確実に向上しつつあり、
今後は単月ではなく恒常的な黒字を目指して事業を推進してまいります。

(クラウドクレジットからのメールより引用)

2018年12月期決算では5.6億円の赤字でしたが、今年の4月~6月は、ファンド販売額が大幅に伸長しているとのことです。

この情報だけをもって一安心とはいきませんが、昨年、マネックスベンチャーズ、SBIインベストメント、YJキャピタル、SONYフィナンシャルベンチャーズから総額7.5億円の増資を受けたことからして、ベンチャーキャピタルから将来性を見込まれていることは確かでしょう。

 

なお、貸付先企業名を開示できるようになったことで、クラウドクレジットではより幅広い事業への投資機会を提供していく中で、それらの企業・事業のより深い内容や運営する役職員の方についても紹介を行い、投資資金がどのような事業の運営に用いられているかの一層の可視化が図られる予定です。 

 →クラウドクレジット公式サイト

 ※私は現在のところ、クラウドクレジットには50万円投資させていただいていますが、 元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓