ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

【OwnersBook】「投資できないから撤退」なんてしたくないので・・・

f:id:socialen:20190421211958j:plain

こんばんは!ソーシャルレンディング投資家のサイタマンです。

 

金曜日のオーナーズブック案件の埋まり方とアクセス集中は尋常じゃなかったですね。

配当金を再投資しようとPC前待機していたのですが、投資できませんでした。

今まででしたら、エラーメッセージが出ても投資できていたりすることもありましたが、今回は真っ白な画面から動かなくなってしまいました。

そして、数分後に再度ログインできたときは満額成立となっていました。

今年はオーナーズブック案件には80万円しか投資できていません。

現在でもSBISLに次いで投資額は多いのですが、投資中元本は減る一方です。

投資できないのだから仕方ないですね・・・

 

多くの方が投資できるように、「募集開始時間非公開」や「一人当たり投資上限金額設定」の措置をとって工夫はされていますが、SBISLのように順次サーバー強化していかないとPC前待機している投資家のイライラは募る一方だと思います。

サーバー強化されても、投資家需要と案件供給の差が極端に大きいため根本的な解決にはならないですが、イライラ度合いはマシになるような気はします。

 OwnersBook公式サイト
OwnersBook

私は、貸付先非公開の状態でも、不動産投資のプロ集団(オーナーズブック)による評価に加えて、外部の専門家による査定に基づく二重のチェックを行い担保不動産の評価額が決定されているからこそ多額の資金を投入しています。

他の投資家の方も同じような判断で多額の資金を投入されているからこそ、現状のような投資しづらい状況になっているのだと思います。

高利回りを提示して資金を集めていたソシャレン事業者の相次ぐ募集停止により、ソシャレン事業者の中では比較的低い利回りでも、上場企業が運営するオーナーズブックに人気が集中するのは当然のことだと思います。

このような状況ですので、クリック競争になるのは仕方ないのですが、私はもう負けそうなオーナーズブックのクリック競争には参戦しないことにします。

昨年末からソシャレン投資額を減らしていっていますので、一案件あたりの投資額も少なくなってきています。

個人的には、クリック競争をして得られる配当総額の少なさを考慮しますと、投資できる可能性が低いのに、PC前待機して参戦するメリットもあまりなくなってきたような気がします。

もちろん、大型案件の募集があれば投資しますが、オーナーズブックは応募前に入金しておく必要があるため、今後は配当金の再投資のみになると思います。

日本初の不動産特化型クラウドファンディングサービスにして、ここまでデフォルトなしのオーナーズブックには、できればコンスタントに投資を続けていきたかったのですが、ここまで投資できない状態ですとアクセスする気もなくなってきてしまいます。

「投資できないから撤退」なんてことはしたくないので、可能であれば、ロードスターキャピタルで抱えている物件をいくつかオーナーズブック募集案件に回していただけないかと思ったりします。

それと、サーバー強化は何故されないのか・・・

まあ、こんな状況ではありますが、大人気のオーナーズブッククリック競争に参加してみたい方は、口座開設してみられてはいかがでしょうか。

投資完了までの道のりは厳しいですが(笑)

OwnersBook公式サイト
OwnersBook  

※私は現在のところ、OwnersBookには約870万円投資させていただいていますが、 元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓



【クラウドファンディング口座開設リンク】

Funds
Funds
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
OwnersBook
OwnersBook
CREAL
CREAL
FANTAS funding
FANTAS funding
クラウドバンク
クラウドバンク
クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX
PocketFunding

※上記は全て管理人が実際に利用している事業者ですが、元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。