ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

グリーンインフラレンディングはもう・・・

ガイアファンディング「特別短期ローンファンド5~9号」ファンド投資家の皆様はおめでとうございます!

元本だけでなく未収利息分の支払いもあるとのことで、良かったですね!

2月14日の分配ということですが、今回はmaneoマーケットからのメールのようですので、間違いないのでしょう。

 

それに対して・・・私が資金拘束されてしまっているグリーンインフラレンディングからは、ろくなメールが来ません(>_<)

投資家の皆様へ

株式会社グリーンインフラレンディング(以下「GIL社」といいます。)を営業者とするファンドに入金された資金につき、投資家の皆様への分配が遅延している件につきまして、以下のとおりご報告いたします。

(1)分配に向けた検討の進捗状況について
GIL社を営業者とするファンドについては、2018年12月27日のご報告にもございますように、約15.5億円が株式会社JCサービス(以下、「JCS社」)等からGIL社に入金されたことを確認しております。
現在もその資金は移動することなく適切に管理されていることを確認いたしております。
当社は、投資者間の公平性の観点から妥当性のある分配方法を策定すべく、GIL社及びJCS社からの資料・情報の収集に努めるとともに、外部の弁護士等の専門家や関係各所と相談を継続し、現在、今後の分配・償還方針、入金済みの資金の分配・償還の具体的方法を検討しております。
こうした検討の進行状況等につきまして、お伝えすべき事項がございましたら改めてメールやホームページにおいてご報告いたします。

(2)案件の売却状況につきまして
2018年11月30日、JCS社のホームページ上に公表された「グリーンインフラレンディングによるファンド資金の返済等について」で公表された販売状況につきまして、
当社は、JCS社からの資料・情報の収集に努めているところ、近日中の契約締結に向けた交渉中にある案件が複数件存在するとの状況報告はございますが、現時点においては、新たな契約の締結を完了したとの情報は得ておりません。
引き続きJCS社及びGIL社に対しては情報の提供を求めるとともに、状況が進展し、お伝えすべき事項がございましたら適宜ご報告いたします。

大変ご心配をお掛けしており申し訳ございませんが、当社は該当投資家の皆様への分配の早期実行に向けて引き続き鋭意努力してまいります。

2019年2月1日

匿名組合契約における営業者 株式会社グリーンインフラレンディング
匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

 

グリーンインフラレンディングは、個別案件ごとの返済対応が不可能なことを認めて15.5億円だけでも先に按分配当すべきではないでしょうか?

もうグリーンインフラレンディングの資金流用の件でmaneoマーケットが行政処分を受けてから半年以上が経過しています。

これだけの期間を経過しても「投資者間の公平性の観点から妥当性のある分配方法を策定」できていないということは、JCサービスは資金管理がずさん過ぎて、どのファンドの資金がどのプロジェクトに回されたのか把握できないのではないでしょうか。

私が拘束されているのは73万円だけなので返済はゆっくりでも構わないのですが、大金を投じている投資家からすれば、返還されている資金だけでも分配してほしいのではないでしょうか。

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓


【口座開設リンク】

Funds(ファンズ)
Funds
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
OwnersBook(オーナーズブック)
OwnersBook
CREAL(クリアル)
CREAL
Crowd Bank(クラウドバンク)
クラウドバンク
LENDEX(レンデックス)
LENDEX
Crowdcredit(クラウドクレジット)

PocketFunding(ポケットファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)
FANTAS funding

※上記は全て管理人が実際に利用している事業者ですが、元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。