ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

私が少額投資を継続している事業者紹介

こんにちは!ソーシャルレンディング投資家のサイタマンです。

 

今回は、PocketFunding(ポケットファンディング)について記事にさせていただきます。

ポケットファンディングには、私は第一号ファンドから投資させていただいています。
記事の末尾に口座開設リンクを設けさせていただいてるにも関わらず、これまで一度も取り扱う機会がなかった事業者ですが、きちんと投資はさせていただいていますので(笑)

ポケットファンディングは、昨年の8月から新規募集が開始された比較的新しいサービスで、沖縄の不動産担保付き案件が多く取り扱われています。

運営会社はソーシャルバンクZAIZEN株式会社で、沖縄に本社を置くソーシャルレンディング事業者になります。

なお、投資家が匿名組合契約を結ぶのは、ソーシャルバンクZAIZEN株式会社の関連会社で営業者である株式会社財全ソリューションになります。

財全ソリューションは沖縄の「財全GROUP」で、不動産担保ローン事業者として13年超えの社歴があり、過去の実績は十分あります。

最終貸付先は当局の匿名化要請もあり当然開示されていませんが、原則、担保評価の70%以内での貸付で、月次モニタリングレポートも掲載されていますので、破綻した事業者のように大きく元本が毀損してしまうことはないと考えています。

なお、最低投資金額は1万円~ですが、1千円単位で投資可能ですので、口座資金を無駄なく投資することができます。

募集は常時おこなわれているわけではなく、無理してファンドを組成している感じはしません。

何かと問題が続出しているソーシャルレンディング業界において、案件募集規模を追い求めていないため地味ではありますが、投資家から一定の信頼を得ているため、累計応募成立金額は約5億円にまで迫ってきました。

このままソーシャルレンディングの市場規模が順調に伸びていけば、こういう地道に頑張っている事業者は破綻せずにやっていけるのでしょう。

利回りは6%台の案件が多く、ソーシャルレンディングとしては標準的なものですが、営業者の実績を考慮すれば、ポケットファンディングをソーシャルレンディング投資のポートフォリオの一つに加えるのは十分ありだと判断しています。

新登場アジア市場の中心沖縄クラウドファンディング【PocketFunding】

【PocketFunding新規案件】

募集概要

株式会社財全ソリューション(営業者)は法人A4に対して、事業資金として、総額1,400万円を平成30年9月10日に800万円を初回融資実行、平成31年1月15日に600万円を追加融資実行しました。
ソーシャルバンクZAIZEN株式会社(金商業者)は、融資を行った法人A4への株式会社財全ソリューション(営業者)のリファイナンスとして
初回融資分の795万円を(一次)及追加融資分の600万円を(二次)として募集させていただきます。

募集金額:(一次募集)797万円 (二次募集)602万円

期待利回り(案件1・案件2):6.3%(税引き前)

*分配方式:毎月分配

*返済方式:一括返済

*募集期間:2月4日17時00分 ~ 2月8日2時00分

*貸付実行日:2019年2月8日

最低出資金額:1万円~
追加投資単位:1千円

運用期間:案件1:8ヶ月 案件2:8ヶ月

募集金額:(一次募集)案件1:795万円 案件2:2万円

    :(二次募集)案件1:600万円 案件2:2万円

■案件1

【資金使途】

 事業運転資金

【返済財源】

 県や地方公共団体と委託契約を結んだ業務を行なっており、月々の返済は事業収益にて返済、元金については委託料にて返済。

【保全内容】
① [担保物件]:建物付土地
  [担保物件地]:沖縄県那覇市
  [担保設定]:根抵当権(第 1 順位)を設定
  [評価方法]:地価公示価格、取引事例比較法

② [担保物件]:建物付土地
  [担保物件地]:沖縄県沖縄市
  [担保設定]:根抵当権(第 2 順位)を設定
  [評価方法]:地価公示価格、取引事例比較法

③ [担保物件]:土地1筆
  [担保物件地]:沖縄県那覇市
  [担保設定]:根抵当権(第 2 順位)を設定
  [評価方法]:地価公示価格、取引事例比較法
※担保物件②,③については先順位過大の為、担保評価額0円とします。


  [担保評価額]:24,457,730円 ⇒ ①のみとなります。
  [担保物件に対する貸出限度額]:17,120,411円
   24,457,730円(担保評価額)×*70%=17,120,411円
  [先順位額]:0円
  [営業者貸出限度額]:17,120,411円
  17,120,411円(貸出限度額)-0円(先順位額)
  =17,120,411円

  *原則、担保評価の70%以内での貸付となります

リファイナンス案件ではありますが、県や地方公共団体と委託契約を結んだ業務を行なっている企業への不動産担保評価の70%以内の貸付、利回り6.3%はということですので、相当程度の安全性は確保されていると思います。

新登場アジア市場の中心沖縄クラウドファンディング【PocketFunding】

 ※私は現在のところ、PocketFundingには11万2千円投資させていただいていますが、 元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓


【口座開設リンク】

Funds(ファンズ)
Funds
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
OwnersBook(オーナーズブック)
OwnersBook
CREAL(クリアル)
CREAL
Crowd Bank(クラウドバンク)
クラウドバンク
LENDEX(レンデックス)
LENDEX
Crowdcredit(クラウドクレジット)

PocketFunding(ポケットファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)
FANTAS funding

※上記は全て管理人が実際に利用している事業者ですが、元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。