ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【リニューアル第二弾】は【利回り10.0%+特典付き】

【PR】

f:id:socialen:20211019182406p:plain

 

おはようございます!ソシャレン・不動産クラファンで1億円以上運用中のSAITAMANです。

 

10.0%ファンド公開中

 

「地方創生・地域活性化」をコンセプトとした不動産クラウドファンディングBATSUNAGUの「船橋市夏見台団地区分マンションリノベーションファンド」に、残念ながら落選してしまいました。

 

しかし、BATSUNAGUでは、「10%ファンド3連続公開」ということでまだまだチャンスがあります!

次回は、「地方創生 基地づくりファンド第七弾」の栃木県大田原市森の中・自然を楽しむキャンプ場ファンドです。

 

 

本ファンドでは、地方創生基地づくりファンド第六弾栃木県大田原市森の中の店舗・企業別荘再生ファンドの隣接地にて、森の中のキャンプ場創りが実施されます。

物件概要
栃木県大田原市湯津上字中谷地2917番他
交通:東北自動車道「矢板IC」約28分
土地面積:7,784㎡(約2,354.66坪)
地目:山林
種類:所有権
都市計画区域・準都市計画区域外

 

前回の第六弾栃木県大田原市森の中の店舗・企業別荘再生ファンドの現状はこのように整備されています。

【施設コンセプト】

隣接基地づくりファンドと一体化した施設として、グリーンツーリズムをテーマにした自然体験型複合施設の構築。

静かな森林内でのアウトドア体験、里山の良さを再認識し、エリアの活性化を目指す。

多くの自然と静寂に包まれた
森林内の自然体験型複合施設の構築と里山体験プランの提供

・自然を感じるキャンプサイト
・ドッグランを併設し、愛犬と共に大切な時間を
・様々なキャンパーの要望に応えられる各種サイト
・自家焙煎珈琲、里山料理を堪能するレストラン
・森の中のサウナ付き大浴場
・里山アクティビティ
・子供たちへの自然体験及び自然教育の提供

 

また、募集総額は1,650万円と小さいですが、劣後(営業者)出資150万円もあります(優先出資1,500万円)。

万一、対象不動産に売却損が発生した場合、営業者であるリムズキャピタルが先に損失を負担し、損失がリムズキャピタルの出資額を越えた際に、はじめて投資家の元本が毀損することになります。

 

 

本ファンドでは、2つの特典があります。

①NFT
本プロジェクトに10万円以上投資頂いた投資家の皆様には、別途施設で利用できるNFTを付与する予定です。
今回の案件では、
・キャンプ場無料利用券NFT(区画指定、利用回数1回)
の発行を検討しています。

本場所で楽しい企画や参加イベントの実施なども行う予定ですので、適宜投資家の皆様には参加頂ける仕組みを作って参ります。

 

②抽選で当たる栃木県産特上カルビプレゼント
NFT付与とあわせて、投資頂いた投資家の皆様の中から、抽選で10名様に地元栃木県産の特上カルビをプレゼントいたします。

地域そして不動産と人をつなぐというBATSUNAGUの思いのもと、投資家様に地元の良さを感じていただけるよう、ひいてはBATSUNAGUの取り組みが地域の活性化に繋がるよう、ささやかではございますが、プレゼントキャンペーンを実施させていただきます。

 

 

私の場合は、BATSUNAGUでは第2号ファンドから投資していて、既に3ファンドが償還されてきています。

 

BATSUNAGUでは「地方創生×1万円」から投資可能ですが、私の場合は「地方創生×10万円」で投資しています。

「地方創生」を推してはいますが、利益度外視というわけではなく、地方創生に貢献しながらそれなりのリターンがあるのが嬉しいですね。

 

本ファンドの募集期間は、7月2日12:00~7月16日23:59(抽選方式)となっています。

BATSUNAGUも、スマートフォンを使い、オンラインで本人確認を行うことができますので、最短即日~3営業日で審査が完了し、出資応募が可能となります。

 

個人的には、次回ファンドにも応募させていただく予定です。

ただし、高倍率抽選にはなってしまいそうですね。

 

 

BATSUNAGUの運営会社は、2016年4月設立の株式会社リムズキャピタルです。

本社は東京都千代田区にあり、資本金は1億円となっています。

リムズキャピタルは、今年3月18日付で不動産特定共同事業第1号第2号東京都知免許を取得しています。

それまでは、「不動産特定共同事業許可種別:小規模第1号事業及び小規模2号事業」に基づきファンド運営が行なわれてきましたが、これでファンド規模を拡大して運営を行うことが可能となりました。

会社名 株式会社リムズキャピタル

代表取締役会長    磯部 昌史
代表取締役社長    三平 裕毅
専務取締役    福島 秀昭
取締役    佐藤 功
顧問弁護士    田村 幸太郎
顧問弁護士    山田 啓

設立 2016年4月27日

資本金 1億円

住所 東京都千代田区神田錦町2-7南部ビル4階

事業内容

・事業への投資及びアレンジ業務
・事業再生、地方再生業務
・海外進出支援事業
・宅地建物取引業
・不動産、有価証券、その他金融資産取引等の資産運用に関するコンサルティング業務
・不動産特定共同事業

 

サービス名「BATSUNAGU」 は、“場”と“人”をつなぐ場を創るというコンセプトから採用されました。

運営会社は、今まで事業として実施してきた不動産リノベーション事業や空き家などの古民家再生事業そして地方創生事業を、今後、不動産クラウドファンディングのスキームも活用し事業展開していくとのことです。

これまでの募集ファンドをみても、まさに「地方創生」に貢献できそうなファンドが多く募集されてきました。

こういう特色あるファンドを提供していただけるのは、分散投資の観点からもありがたいですね。

→BATSUNAGU 公式サイト