ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

【連日】金価格史上最高値更新!ロボアド投資はどうなった?

f:id:socialen:20200722140232j:plainこんばんは!専業投資家という名の無職歴15年目のサイタマンです。

 

金価格が連日史上最高値を更新していますね。

「新型コロナウイルス感染第2波に現実味が出てきたことが要因」とのことですが、各国政府・中央銀行が競って大量の資金供給を続けていることが大きな要因だと思っています。 

news.yahoo.co.jp

 

私の場合、残念ながら、金はWealthNavi(ウェルスナビ)とETFを通じて少額買っているだけですので、この高騰の恩恵にはほとんどあずかれていません。

 

それでは実際に、「リスク許容度1(最も低リスク)」で運用している私の WealthNavi(ウェルスナビ)の状況はどうなったのでしょうか。f:id:socialen:20200722190735j:plain

昨年11月から運用開始しましたが、+8.75%となっています。

リスク許容度1でこの成績は優秀なのではないでしょうか。

 

組み入れ資産における債権の割合が大きいため、私が普段やっている株よりかなり緩やかな動きに感じます。

こういう投資を自分でやるのは面倒ですが、完全お任せだと1ヶ月に1回程度確認するだけでいいので楽しいですね。

高騰中の金も少し貢献してくれていますね。f:id:socialen:20200722191438j:plain 

最近は毎月1万円の積立しかしていないのですが、全体では順調に資産を積み上げてくれています。 

自分でETFを選んでポートフォリオを組める方や個別銘柄で積極運用をされる方は、こういうロボアドを利用する必要はあまりないのかもしれませんが、1%の手数料で完全お任せ運用というのは、投資の勉強に割く時間の少ない方にとっては良いサービスだと思うようになりました。

WealthNaviでは頻繁に、長期投資の際に役に立つ内容をメールやライブで配信してくれますので、投資初心者の方にとってはポイントを押さえた長期投資の勉強にもなると思います。

→進化版ロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」登場!
FOLIO ROBO PRO

→ロボアドバイザーNo.1 WealthNavi(ウェルスナビ)
WealthNavi

→運用期間中、dポイントがずっとたまる。THEO+docomo
THEO+docomo

 

個人的には、急落時に多めに資金を投入しましたが、相場急落時のWealthNaviのメリットとしては、以下のようなポイントが挙げられています(WealthNavi配信メールより抜粋)。

【ポイント1】さまざまな資産に分散し、ショック軽減

コロナ・ショックでは、世界的に株価が急落しました。WealthNaviは、株だけでなく債券や金といった資産に分散し、株価急落の影響を和らげています。

【ポイント2】安くなった資産を買い、パフォーマンス向上へ

相場が動いたときに力を発揮するのが、リバランス(資産のバランス調整)です。株価が急落したときは、値上がりした金や債券を売り安くなった株を買って、自動で最適なバランスに戻します。安く買った株は、その後株価が回復すればパフォーマンスを向上させます。

大きく値下がりした資産を自分で買うのは難しいものですが、WealthNaviなら心理的なハードルに邪魔されず、時間も手間もかけず自動でリバランスができます。

 【ポイント3】積立をするときにもバランス調整

毎月の積立投資でも、値上がりした資産をあまり買わず、値下がりした資産を多く買っています。これにより、リバランスと同じような効果が期待できます。

 

私の場合は専業投資家ですので、ロボアド中心の運用をする気はありませんが、投資の勉強にあまり時間を割けない方などは、比較検討のため複数のロボアドでお任せ運用されても面白いかもしれません。

→進化版ロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」登場!
FOLIO ROBO PRO

→ロボアドバイザーNo.1 WealthNavi(ウェルスナビ)
WealthNavi

→運用期間中、dポイントがずっとたまる。THEO+docomo
THEO+docomo

 

なお、ウェルスナビでは、質問に答えていくことにより、資産運用の際にどの程度のリスクを受け入れられるか示してくれる「リスク許容度診断」というのがあります。

私の場合は、「5段階の5」という最も高リスクな運用を勧められてしまいましたが、それでは「世界水準の低リスク運用」を体験できませんので、「1(最も低リスク)」に変更して運用を開始しました。

株やリート投資のように、自分の判断で臨機応変に動くことが難しい投資方法ですので、リスクはあまり取らない方が良いのかなという判断でした。

 

ここまでの運用状況をみますと、開始した時期とこの大暴落相場を考慮すると上出来ではないかと思っています。

基本的に「完全お任せ積み立て」が推奨されていると思うのですが、私の場合は、急落時には追加資金投入、変動が小さい場合は自動積立1万円のみで運用する予定です。

完全に運用をお任せしたいという方にとっては、検討の余地があるサービスだと思います。

→進化版ロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」登場!
FOLIO ROBO PRO

→ロボアドバイザーNo.1 WealthNavi(ウェルスナビ)
WealthNavi

→運用期間中、dポイントがずっとたまる。THEO+docomo
THEO+docomo

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓



【口座開設リンク】

Rimple(リンプル)
Rimple(リンプル)
CRE Funding
CRE Funding
A funding

CrowdRealty

SYLA FUNDING
SYLA FUNDING
CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners
Jointoα(ジョイントアルファ)
Jointoα(ジョイントアルファ)
SAMURAI証券
SAMURAI証券 
Funds
Funds
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング 
CREAL
CREAL
FANTAS funding
FANTAS funding
クラウドバンク
クラウドバンク
クラウドクレジット

Pocket Funding
Pocket Funding
ASSECLI

※上記は全て管理人が実際に利用している事業者ですが、元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。