ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【安定の自公政権】国民1人当たり現金10万円一律給付に方針転換

f:id:socialen:20200416192758j:plain

こんばんは!アベノミクス系億り人のサイタマンです。

 

何度か読み返さないと理解できない、不公平極まりない厳しい条件付き減収世帯への30万円給付案が取り下げられるようですね。

良かったです。

補正予算組み替えで対応するというのも評価できます。

mainichi.jp

所得制限なしの国民一律1人当たり10万円給付には12兆円程度の財源が必要らしいですが、年末調整や確定申告時に高額所得者からは税金で返還してもらえばいい話です。

 

公明党は相変わらず世間の空気を読んで方針転換するのが上手ですね。

空気の読めない安倍政権が長く続けられているのも公明党のおかげだと思います。

野党は方針転換を批判していますが、野党案通りの方針転換なのに何を批判しているのかさっぱり理解できません。

給付が遅くなるのはこの際、仕方ないことでしょう。

www.jiji.com

 

アベノミクス支持派の私でも、現在も国民生活を支えるために頑張って働いてくれている人間を馬鹿にしたような、働いていない若しくは短時間しか働いていない減収世帯のみへの30万円給付案には怒りを覚えていました。

 

コロナ感染が拡大する中、10万円貰ったところでどうこうなるものではないとは思いますが、今回の方針転換により、「不公平感」がなくなったのは良かったと思います。

 

働いていない若しくは短時間しか働いていない減収世帯のみへの30万円給付など実施されたら、国民生活に必須のインフラを維持してくれている方々が働く気を完全に失くしていたと思います。

これで、少なくとも30万円貰える者と貰えない者の間のギスギス感はなくなることになります。

政権維持のため、選挙対策のため・・・理由は何であれ「天下の大愚策」を取り消してくれて本当に良かったと思います。

ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓