ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

【抽選方式希望!】オーナーズブックのクリック合戦に敗北しました・・・

f:id:socialen:20191001202746j:plain

こんばんは!オーナーズブックのクリック合戦に全く勝てないサイタマンです。

 

人気があり過ぎて先着方式案件には投資することをほぼ諦めていたOwnersBookですが、本日、募集開始時間が18時~と告知されていましたのでチャレンジしてみたところ、やはりはじかれてしまいました・・・

それでも、サーバーが重くなってしまうのは改善されているような気がしましたがどうなんでしょう。

どうも、オーナーズブックのクリック合戦にはめっぽう弱い気がするんですよね。

他の人気事業者のクリック合戦との違いはパスワードを入力するところか・・・

何となく、パスワードの入力が遅いことが原因のような気がしてきました(笑)

 

本日の先着方式の投資家は276人で平均投資額は約32.6万円です。 

f:id:socialen:20191001201225j:plain

 

それに対して、募集総額が1,000万円少ない抽選方式の投資家は553人で平均投資額は約14.5万円でした。 

こちらの案件は一人当たり投資上限30万円に設定されていました。

f:id:socialen:20191001201556j:plain

 

抽選方式の方が倍の人数が投資出来ているんですよね・・・

やはり、小口投資家に優しいのは投資上限設定のある抽選方式ですね。

先日募集があった募集総額7億5千万円レベルの大型案件なら先着方式で大口投資家にガンガン投資してもらえばいいと思うのですが、個人的には、1億円未満の募集は全て抽選方式にしていただけるとありがたいのですが・・・

 

私の場合は、今年に入って軍資金約750万円がオーナーズブックからCREALFANTAS fundingFunds に流れた計算になりますが、これ以上オーナーズブックから出金する予定はありません。

 

今後は、デポジット口座の資金が尽きるまではオーナーズブックの不動産評価能力を信頼して、抽選方式案件全てに応募してみよう考えています。

→OwnersBook公式サイト
OwnersBook  

 

OwnersBookは運用期間2年程度の比較的長期の案件が多いため、他社の短期案件の方が安心だという方もいらっしゃるとは思いますが、個人的には「①頻繁にクリック合戦をしなくてよく、②対象物件の種類の面でも多岐にわたって組成でき、③募集から運用までの待機期間ロスが長期運用により打ち消される」オーナーズブックのような長期案件の方が好みです(もちろん利回りや担保物件によって違ってきますが)。

 

不動産鑑定のプロ集団(オーナーズブック)による評価に加えて、外部の専門家による査定に基づく二重のチェックを行い担保不動産の評価額が決定されている案件は、安全性の面では他のソーシャルレンディング事業者組成案件よりも上ではないかと考えていますので、初めてソーシャルレンディング投資をされる方は、まずはここから開始してみてはいかがでしょうか。

→OwnersBook公式サイト
OwnersBook  

※私は現在のところ、OwnersBookには約630万円投資させていただいていますが、 元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓



【クラウドファンディング口座開設リンク】

SAMURAI証券
SAMURAI証券
COOL
COOL
Funds
Funds
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
OwnersBook
OwnersBook
CREAL
CREAL
FANTAS funding
FANTAS funding
クラウドバンク
クラウドバンク
クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX
Pocket Funding
Pocket Funding

※上記は全て管理人が実際に利用している事業者ですが、元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。