ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

maneoマーケットから出金手続きをしていますが・・・

こんにちは!ソーシャルレンディング投資家のサイタマンです。

 

グリーンインフラレンディングによる資金流用事案以降、maneoマーケットからは順次資金を引きあげていっているのですが、出金のたびに手数料が掛かるのがつらいですね。

今日もmaneoから出金手続きをしていたのですが、同一銀行あての場合は216円、他行あてであれば432円掛かります。

maneoの場合は、まだ良心的な手数料かと思うのですが、maneo以外の利用事業者の場合、一回ごとに同一銀行あてでも432円、他行あてであれば756円も掛かってしまいます・・・

そこである程度償還金が積み上がったところで出金することになるのですが、出資残額が少なくなればなるほど積み上がっていく額も少なくなりますので、出金手数料が重荷になってきます。

 

maneoマーケット利用事業者では、グリーンインフラレンディング事案以降、全案件期限の利益喪失や返済遅延が相次いではいますが、maneoマーケットの財務状況は公開された決算書を読む限りでは絶好調です。

決算書によりますと、2018年3月期の売上高は約33億円と前期から10億円以上も伸びて、経常利益も約7.4億円と前期から4億円も増加しています。

これで、maneoマーケットは3期連続で増収増益を達成したことになります。
2018年3月期までのデータにはなりますが、営業貸付金も大幅に伸長しており、規模の面でも申し分のない成長を遂げています。

このような財務状況下で、昨年後半からmaneoマーケット利用事業者で返済遅延が相次いだわけですが、そのような環境変化があったとしても、一気に財務基盤が揺らぐような状況にはなっていないものと推測されます。

 

2019年3月期についてはどうなるか分かりませんが、前期のmaneoマーケットの財務状況は絶好調なわけですから、SBIソーシャルレンディングのように分配用口座を廃止して直接振り込めとまでは言いませんので、毎月一回とかでもいいので、出金手数料を無料にしていただけないかと思うのです・・・

要するに、maneoマーケット利用事業者から得た利用手数料を投資家にも少しは還元していただけないかという話ですね(笑)

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓


【口座開設リンク】

Funds(ファンズ)
Funds
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
OwnersBook(オーナーズブック)
OwnersBook
CREAL(クリアル)
CREAL
Crowd Bank(クラウドバンク)
クラウドバンク
LENDEX(レンデックス)
LENDEX
Crowdcredit(クラウドクレジット)

PocketFunding(ポケットファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)
FANTAS funding

※上記は全て管理人が実際に利用している事業者ですが、元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。