ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【DM返】利回り11%を狙う!「victory fund」に投資しました!

f:id:socialen:20210414200622p:plain

こんばんは!不動産クラウドファンディング投資家のSAITAMANです。

 

新たな不動産投資型クラウドファンディングvictory fund(ビクトリーファンド)の初回ファンドに50万円投資させていただきました!

ここは、ファンド成立前に入金する必要があるため、できるだけギリギリに投資した方が実質利回りは高くなるのですが、これ以上様子見していて急に大口が入ってしまうと投資できなくなりますので、本日投資させていただきました。

f:id:socialen:20210507210553p:plain

 

これで、分配金10.5%+キャッシュバック0.5%=11%が狙えることになりました。

ただし、最低10口10万円から投資できますので、キャッシュバックまで狙うかどうかは、運用資金と相談してみてください。

10.5%でも十分高利回りですよね。

とりあえず、口座開設完了でアマゾンギフト券1,000円プレゼントまではもらっておいて損はないですね。 

→victory fundに無料口座開設
victory fund

 


(DMをいただいた方へのご返答に代えて)

これで私の運用先コレクションにまた一つサービスが加わることになりました。

私の場合は、大体数十万円で投資を開始して、良さそうなサービスであれば、追加投資をしていくかたちにしています。

上場企業系であってもそれは同じです。 

 ぽちぽちFUNDINGなどは、未上場ですが、運営の姿勢やファンドの規模感から安全性が高いのではないかと判断して、途中から1ファンド100万円投資に切り替えました。

Rimpleの初回ファンドのように、明らかに投資家有利な場合はドカッといくこともありますが、基本的には慎重に投資をしています。

 

DMで例として挙げていただいたサービスについては、ご指摘いただきましたとおり、財務は脆弱ですが、グループ全体の生業と万一の際の保証可能性まで考えたときに、それなりの安全性は担保されているのではないかと判断して投資を続けています(そこは臨機応変に動いています)。

 

一応書かせていただきますが、このブログでは、いろいろな意味で、自分の利益が第一で動いていますのでご了承ください。 

実生活でこんな極端な行動はしませんが、一応しょぼいながらも収益化できているブログですからね(笑)

 

その上で、もし私の投資を本気で参考にしていただいているとすれば、資金配分にはご注意いただきたいと思います。

私の場合は、全ての運用先を公開させていただいています。

Fundsの運用額は大きくなっていますが、ここは20社以上の上場企業に分散投資ができるという特殊事情があってのことだとお考えください。

 

【現在の運用先一覧】

Funds:2,709万円
SBIソーシャルレンディング :625万円
Rimple(リンプル) :540万円
OwnersBook :450万円
CREAL :364万円
J.LENDING :300万円
bitREALTY:300万円
CRE Funding :281万円
Jointoα(ジョイントアルファ) :200万円
FANTAS funding:195万円
SAMURAI FUND :150万円
ぽちぽちFUNDING:118万円
FUELオンライン :100万円
TREC FUNDING:100万円
CAMPFIRE Owners :81万円
クラウドバンク :78万円
大家.com :70万円
CrowdRealty :70万円
クラウドクレジット :52万円
バンカーズ :50万円
ONIGIRI Funding:50万円
アセクリ :40万円
Pocket Funding :32万円
WARASHIBE:21万円
TECROWD(テクラウド):10万円
A funding :8万円
グリーンインフラレンディング:73万円(延滞中)

 

もしあなたが、運用資金数十億円お持ちだということであれば、冷やかしのDMだったと思いますのでスルーしてください。私には何も言えることはありません(笑)

もし、あなたの運用資金が1,000万円くらいだとすれば、私の各サービスへの投資額の10分の1くらいで分散投資していただかないと(個人的には、今後も追加資金投入しようと考えていますので)、目立つ特徴のあるところばかりに投資していたのでは、最終的な資金配分がおかしくなると思います(数十万円~数百万円の話ではありますが、自分が負けないために結構真剣に配分は考えています)。

以上


  

なお、victory fundの第1号ファンドの現在の応募状況は、68%となっています。

もう少し様子見しても投資できそうですが、確実に投資しておきたいという方はそろそろ申込された方がいいかもしれません。

f:id:socialen:20210508000824p:plain

→victory fund公式サイト
victory fund

 

victory fundの登録方法については、『1. スマートフォンを利用したオンライン認証』か、『2. はがき郵送による本人確認はこちら』のいずれかの方法が選択できます。

f:id:socialen:20210417212450p:plain

私の場合は、他の業者でオンライン認証をしたときの経験から、インカメラで枠内に入れて顔を撮影したり、ゆっくり首を振ったり、本人確認書類を撮影し直したりが面倒で、はがき郵送による本人確認にしました(笑)

 

プレゼント期限が迫っていなかったのと、初回にしては募集額が大きいためはがき郵送でも間に合うと思いましたので。 

①スマホの場合は本人確認書類は1点で済みます。

f:id:socialen:20210417213948p:plain

②はがき郵送の場合は本人確認書類は2点必要になります。

しかし、SAITAMANと同じく口座開設マニアの方は、既に2点保存されていると思いますので、意外とこちらの方が手間が掛からないのではないでしょうか。

f:id:socialen:20210417213647p:plain

ただし、はがき郵送による本人確認の場合は、全部で1週間程度の時間を見ておいた方が良いとのことですので、アマゾンギフト券プレゼント対象となるためには、早めに手続きされた方が良いと思います(私の場合は4~5日で完了しました)。

→victory fundに無料口座開設
victory fund

 

Victory Fundの運営会社は、1997年設立のカチデベロップメント株式会社です。

 

会社名:カチデベロップメント株式会社
サービス名:victory fund
本社所在地:東京都中央区日本橋室町1-5-15昇賢ビル2階
事業内容:不動産開発販売事業、プロパティマネジメント事業、不動産仲介事業、不動産クラウドファンディング事業
創立:1997年7月7日
資本金:1億3,425万円
代表者:代表取締役 足立 和夫

 

カチデベロップメントは、これまで都内の不動産物件を中心に個々の不動産が有する根源的な価値を最大限に高めることをミッションとして掲げ、既存物件の用途変更も含めたバリューアップやリーシングの取り組みを通じて不動産ストックビジネスの発展と拡大に注力してきたとのことです。

その取り組みの一環として、2021年1月13日に不動産特定共同事業法第2条第4項第1号に定める事業において、インターネット上での契約締結を可能とする電子取引業務に関する許可申請を行い、2月24日に許可を取得しました。

公開されている第1号ファンドを皮切りに、不動産・金融のプロフェッショナルが選定した良質な不動産収益物件に小口投資する機会を提供していく予定とのことです。

→victory fund公式サイト
victory fund

victory fundでは、第1号ファンドが募集中ですが、破格の年率10.5%となっています。

f:id:socialen:20210414195838p:plain

本プロジェクトは、浅草の商業施設の再生を通して収益性を改善し、バリューアップを図ることを目的とするプロジェクトです。

→victory fund公式サイト
victory fund


対象の物件は、東京地区においては有数の商業、観光スポットである浅草地域において、30年に渡り職住一体化した商業施設として運営されてきた歴史ある施設とのことです。

f:id:socialen:20210414211943p:plain

・建物名称:三岩ビル

・所在地:東京都台東区浅草1丁目8-4

・交通:つくばエクスプレス「浅草」駅 徒歩3分、東京メトロ銀座線「浅草」駅 徒歩4分

・敷地面積:69.42 ㎡(公簿)

・延床面積:348.80 ㎡(公簿)

・構造:鉄骨造陸屋根地下1階付6階建

・竣工年月:1992 年1 月22 日 

しかし、時代の変化により商業施設への選好が多様化してきてる中、従前の職住一体化した単一目的の商業施設から、より多様化した施設にリニューアルすることを通してバリューアップすることが課題となりますが、一般的な金融機関などの資金供給においては、既存不動産物件における評価が中心であり、本プロジェクトの目指す新たな市場価値再生への対応は難しい状況にあるとのことです。

そのような状況の中、不動産クラウドファンディングの目的である新たな価値創造に向けて、多くの皆さまに開示し少額での投資を通して再生に向けて進むことが相応しいという判断に至ったとのことです。

 

1年間の運用期間における収益構造としては、賃料収入(現保有者による月額150万円の賃料保証を含む)、運用終了期日には再生後の物件として不動産市場に売却することを前提として、10.5%の分配率を想定しているとのことです。

 

再生前現況基準での不動産鑑定評価額:3億6,000万円

再生後の売却想定額:3億7,000万円

優先出資額(募集額):2億7,500万円

劣後出資額(事業者):2,800万円

 

個人的には、初回高利回りファンド狙いでこれまで失敗したことはありませんので、初回から投資させていただきました。

Amazonギフト券をもらいたいという方は、5月末まで期間はありますが、初回ファンドに投資したいという方は急がれた方がいいと思います。

→victory fundに無料口座開設
victory fund 

なお、同時に第1号ファンド募集開始記念キャッシュバックキャンペーンが開催されていますので、50万円以上の投資で投資額の0.5%~1.5%がキャッシュバックされます!

f:id:socialen:20210414213842p:plain

これって、200万円以上出資すれば、実質利回り12%になりますよね!

200万円までいかなくても、

 

50万円の出資で

合計5,5000円(分配金52,500円+キャッシュバック2,500円)

 

が利益として入ってくることになります(※満期まで運用された場合)。

ついでに、新規口座開設でAmazonギフト券1,000円ももらえます(笑)

 

不動産投資型クラウドファンディングでここまで大盤振る舞いのファンドは珍しいのではないでしょうか。

この初回ボーナスファンドは狙ってみる価値は大いにあると思います。

→victory fundに無料口座開設
victory fund

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓