ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【10名様に1万円】CREAL「春の資産運用応援キャンペーン第2弾」がまもなく終了!

f:id:socialen:20210321173317p:plain

こんにちは!CREALで超分散投資をしているSAITAMANです。

 

不動産投資型クラウドファンディング累計調達額No.1のCREALで、「春の資産運用応援キャンペーン第2弾」が開催されています。

4月30日までに新規投資家登録後、CREAL投資口座へ1万円以上入金した方を対象に、抽選で10名様に1万円がプレゼントされます!

f:id:socialen:20210419164959p:plain

■キャンペーン期間
2021年4月末まで

■キャンペーン対象者
2021年4月1日~30日の間に新規投資家登録後、CREAL投資口座へ1万円以上入金した方

■プレゼント内容
抽選で10名様に1万円プレゼント
■当選者へのご連絡
キャンペーン終了後10営業日以内にメールにてご連絡

■付与方法
2021年5月末日までに、CREAL投資口座へご入金

→累計調達額No.1!CREAL公式サイト
CREAL

 

CREALでは、次回「大型案件」の募集予告もされています。

これで今年5件目の大型案件募集ということになります。

4月下旬公開予定ですので、もうすぐ詳細が分かることになると思います。

 

前回は認可保育所案件でしたが、募集額が大きいため、募集開始時間に応募できる環境にあれば、余裕を持って投資できるのがいいですね。

f:id:socialen:20210419164617p:plain

 

プロジェクト内容については、CREALはかなり詳細に分かりやすく記載してくれていますので、ファンドのメリット・デメリットは不動産投資に詳しくない方でも理解できると思います。

 

なお、CREALのファンド説明は非常に分かりやすいのですが、ドキュメントには、会員限定情報として、鑑定会社による「不動産調査報告概要」も掲載されています。

 →CREALに無料会員登録
CREAL

 

CREALでは、募集額2千~3千万円程度の「区分所有案件」の募集も行われますが、今回のようにホテルやマンション一棟、保育所や専門学校といった募集額数億円の「大型案件」も多く募集されています。 

 

このような様々な種類の大型案件を豊富な情報量を伴って募集し続けた結果、 CREALは不動産特定共同事業法に基づくクラウドファンディングサービスとしては運用資産残高1位(累計調達額は80億円以上)となっています。

f:id:socialen:20210419165451p:plain

そして、CREALの運営会社であるクリアル株式会社(2021年3月1日より株式会社ブリッジ・シー・キャピタルから社名変更)の「不動産ファンド運営事業の受託資産残高(AUM)は約300億円(2020年3月末時点)」という実績(CREALサービスの開始は2018年からですが、創業は2011年5月)からも、CREALの信頼性は高いものと判断しています。

 

個人的には、今年に入ってからは、CREALでは区分マンション案件、大型案件に関わりなく、各10万円で分散投資をしています。

CREALは不動産特定共同事業法に基づくクラウドファンディングサービスの先駆者ではありますが、最近は他にも投資を検討するに値するサービスが増えてきましたので、そちらへの投資額が増えています。

ありがたいことに、CREALは案件の種類が豊富ですので、好みの案件を選んで投資すればいいのではないかと思います。

→CREALに無料投資家登録
CREAL

ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓