ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【すごい!】想定外の人気じゃないか!CrowdRealty(クラウドリアルティ)

f:id:socialen:20200721131314j:plainこんばんは!ソーシャルレンディング投資歴もうすぐ10年目になるサイタマンです。

 

昨日募集開始されたCrowdRealty(クラウドリアルティ)初の太陽光発電所案件ですが、開始直後からアクセスが集中したとかで、システムダウンしてしまったみたいですね。

いつもクラウドリアルティをご利用頂き、誠にありがとうございます。

昨日7月20日20:00より募集を開始致しました【SOL SELL 再生可能エネルギープロジェクト #001】ですが、開始直後よりアクセスが集中し、当該ページに一部アクセスできない状況が続いておりました。

現在はクラウドリアルティのサイトにアクセスいただける状態に戻りましたが、引き続き募集を一時中断させていただいております。

出資を予定され、ご準備くださっていた皆様には改めてお詫び申し上げます。

現在、募集再開に向けて、再度同様の事態が起こらないよう対策中です。
お待たせして申し訳ございませんが、本日7月21日中の募集再開の目途は立っておりません。

引き続き、募集の再開の目途については本日7月21日中に再度ご連絡を予定しております。

利回り5.5%は標準的なもので、運用期間は18ヶ月とやや長く、しかも最低出資額がややハードルの高い20万円からですので、ここまで殺到するのは意外でしたね。f:id:socialen:20200710211116j:plain

【SOL SELL 再生可能エネルギーファンド #001】
募集総額:3,500万円
想定利回り(IRR):5.5%
管理手数料率:2.0%
最低出資額:20万円(5万円×4口)
運用期間:約18カ月
募集期間:2020年7月20日20時 ~ 2020年8月3日(募集再開時期未定)
貸付先資金使途:稼働中の土地付き太陽光発電所を購入するための費用
売電価格:40円/kWh(※東京電力管内)

  →CrowdRealty公式サイト

 

本プロジェクトでは起案者(エレビスタ株式会社)子会社による貸付事業に出資しますが、この貸付については、起案者が貸付先の孫会社の連帯保証人となっています。
したがって、期中の事業収益や、運用期間終了時の土地及び太陽光発電設備の売却額の如何にかかわらず、期中の受取利息や、期末に返済される元本に欠損が生じた場合は起案者が連帯して補償することになります。
なお、出資者への分配金は、起案者孫会社からの利息をもって支払われます。
利息は原則、太陽光発電事業の収益を原資として支払われます。
運用期間終了時の土地及び太陽光発電設備は、起案者事業である中古太陽光発電所売買プラットフォーム「SOL SELL(ソルセル)」を通じて売却予定です。

f:id:socialen:20200710212331j:plain

起案者はWEBマーケティング・システム開発業を主力事業として成長中のエレビスタ株式会社です。
主力事業に加えてソルセル事業で太陽光発電事業への参入により毎年30%の売り上げ増を達成しています。決算書の抜粋は投資登録者限定で公開されていますので、投資家登録済みの方は閲覧することができます。

  →CrowdRealty公式サイト

 

クラウドリアルティでは、歴史ある街の古民家を取得・再生して価値ある宿泊施設に生まれ変わらせる事業を中心に取り扱われていましたが、新型コロナウイルスの影響で新規募集は難しくなっているものと推測されます。

 

私もクラウドリアルティでは、2017年5月募集の「京町家1号ファンド」に20万円投資させていただいています。

f:id:socialen:20200113155946j:plain

インバウンド需要がほぼ壊滅している状況で、京町家案件中心に募集されていたクラウドリアルティの募集状況は厳しいものになるかもしれないと思っていました。

しかし、今回はインバウンドに全く関係のない太陽光発電所案件ですので、無事満額成立しそうで良かったです。

 →CrowdRealty公式サイト
 

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓