ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【運用資産残高No.1!】全大型案件に投資中のCREAL(クリアル)から続々と売却決定の報告あり!

f:id:socialen:20200716190650j:plainこんばんは!CREALで超分散投資をしているサイタマンです。

 

大型案件を次々に満額成立させているCREAL(クリアル)から、続々と対象不動産の売買契約締結完了のお知らせが届いています!

→運用資産残高No.1!CREAL公式サイト
CREAL

 

昨日、今日と立て続けにお知らせが届きましたが、大型案件の中でも変わり種の「専門学校」を対象とする「SOLA沖縄学園」の売買契約が締結されたとのことです。

いつもCREAL(クリアル)をご利用頂き、誠にありがとうございます。
第24号沖縄専門学校レジデンスファンド(SOLA沖縄学園)につきまして、
対象不動産の売却に関する契約締結が完了し、売却予定日が定められたことから、
匿名組合契約(以下、「本契約」といいます)第10条(2)の事由に該当し、
本契約が早期終了する可能性が高まりましたのでお知らせいたします。
なお、今後の元本償還ならびに配当の予定は次の通りとなります。

■売買契約締結日
・2020年7月15日
■本契約終了日(対象不動産の売却予定日)
・2020年7月16日
■元本償還予定日
・2020年8月31日
※なお、元本に毀損なく償還を行う予定となります。

■今後の配当予定
・2020年7月31日(2020年6月運用分)
・2020年8月31日(2020年7月運用分・元本の返還)

私の場合は、全ての区分所有案件クリック合戦に参戦して、全ての大型案件に投資させていただいていますので続々と償還の連絡をいただいています。

 

区分所有案件が無事償還されるのもありがたいですが、こういうやや特殊な大型案件の償還予定連絡が届くと正直ホッとしますね。

今回、償還予定連絡があったのは、「SOLA沖縄学園」と区分所有案件の「菱和パレス文京白山」になります。

f:id:socialen:20200716185150j:plain

不動産投資型クラウドファンディングでは、小口から投資可能なため、できるだけ分散投資するようにしていますが、クリアルでは分散投資し過ぎて自分がいくら投資していたのか忘れてしまいますね。

この投資履歴をみて、そう言えば、昨年は区分所有案件の上限投資可能金額が10万円に制限されて、10万円クリック合戦という非効率的な戦いをしていたなあと思い出しました(笑)

→運用資産残高No.1!CREAL公式サイト
CREAL

※CREAL(クリアル)はメールアドレス会員登録だけで案件情報詳細を見ることができます(メールアドレス登録完了後、投資家登録の画面に移りますが、投資家登録はしなくても案件情報詳細は見られます)ので、案件情報詳細をみて充分検討されてから口座開設されてもいいと思います。

 

CREALでは、他の不動産投資型クラウドファンディング事業者と同じく募集額2千万円程度の「区分所有案件」の募集も行われていましたが、今年に入って、ホテルやマンション一棟、保育所や専門学校といった募集額数億円の「大型案件」の募集のみが行われています。

なお、豊富な種類の大型案件を豊富な情報量を伴って募集し続けた結果、 CREALは不動産特定共同事業法に基づくクラウドファンディングサービスとしては運用資産残高1位となっています。

そして、累計調達額は40億円超えとなっています。

f:id:socialen:20200331221906j:plain

CREALは、複数の悪徳事業者が貸付先の匿名化を利用して荒らし回ったソーシャルレンディングサービスではなく、不動産特定共同事業者法を利用した不動産投資型クラウドファンディングサービスになりますが、他の不動産投資型クラウドファンディングサービスと比べてもクリアル案件の情報量の多さは群を抜いていると思います。

ドキュメントには、「第三者への提供や再配布は不可」とのことですのでここで詳細は記載できませんが、JLL森井鑑定株式会社の「不動産調査報告概要」も掲載されています。

そして、CREALでは優先/劣後出資方式が採用され、優先出資者である投資家の出資元本のリスクの低減も図られています。

 

CREALの運営会社である株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの「不動産ファンド運営事業の受託資産残高(AUM)は約300億円(2019年6月末時点)」という実績(CREALサービスの開始は一昨年からですが、創業は2011年5月)からも、CREALの信頼性は高いものと判断しています。

 

ソーシャルレンディングの場合は、事業者内で分散投資をしていても実は貸付先が同じでしたという意味のない分散になってしまう可能性もありますが、不動産投資型クラウドファンディングの場合は、確実に対象不動産は異なりますので、分散投資に意味はあると考えています。

 

なお、CREALは人気の高いサービスではありますが、大型案件については今のところクリック合戦をすることなく余裕をもって投資することができています。

仕事等で忙しい方も口座開設しておいて、大型案件の募集を待ってみるというのも一つの方法だと思います。

→運用資産残高No.1!CREAL公式サイト
CREAL

 ※私は現在のところ、CREALには320万円投資させていただいていますが、 元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓