ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

初回30万円投資で3,000円キャッシュバック!
SAMURAI FUND

【利回り6%!】ASSECLI(アセクリ)はこういう案件が得意なのかな?

こんばんは!不動産投資型クラウドファンディングで超分散投資をしているSAITAMANです。

 

不動産投資型クラウドファンディングサービスASSECLI(アセクリ)が、第5号ファンドの募集を発表しました! 

f:id:socialen:20210112192346p:plain

 【神奈川県横須賀#5ファンド】

・所在地:神奈川県横須賀市坂本町5-24-8

・募集金額:1,980万円

・一口出資額:1万円

・予定分配率(年利):6.0%

・運用期間:6ヶ月

・募集期間:2021年1月15日12:00〜 2021年1月19日23:59

→ASSECLI(アセクリ)公式サイト
アセクリ

今回の案件は、外壁塗装及び室内改修工事を実施する、横須賀市の収益性が底堅い1棟アパートを取得・運用するプロジェクトとなっています。

今回の物件は、駅距離は多少ありますが、汐入駅・横須賀中央駅・衣笠駅の間に位置しており同エリアで比較しても下限の賃料設定である本物件は、コロナ禍における賃料下落リスク等は低く、テレワークニーズの需要や、周辺の環境の良さから賃貸需要は安定的なエリアであると判断しているとのことです。

そして、さらに建物の状態を改善する事で入居率の向上及び、入居者の方々に長く入居していただける様、大規模修繕工事を実施し、不動産価値を高めるプロジェクトとのことです。

今回も前回と同じくキャピタル重視型(保有期間中の家賃収入・売却益を原資として分配)案件となっています(優先出資:90%、劣後出資:10%の割合で運用)

 

3号ファンドは、今回と同じく建物のリノベーション(外壁塗装等の大規模修繕工事)を実施することで不動産のバリューアップを実現し、収益の拡大を図るプロジェクト、4号ファンドのアパートは大規模修繕済みでしたが、いずれにしましても、一棟アパートのリノベーション案件でした。

 

なお、今回と同じリノベーション後売却案件(3号ファンド)については、随時修繕進捗状況を報告して、画像をアップしてくれていました。

今回も修繕状況は投資家限定情報となっていますが、アセクリは、投資家対象アンケート調査といい、丁寧な運営がなされている印象があります。

f:id:socialen:20210112194503p:plain

※アフター写真はイメージ図であり、実際とは異なる場合がございます。変更の可能性もあり、バリューアップ後の現状を優先させて頂きます。

※工事工程に関しましては、【修繕進捗状況】にてお知らせ致します。

 

私の場合は、ASSECLIでは20万円ずつ投資していっているのですが、今回も20万円程度投資できればと思っています。

ただし、今回は募集額が1,980万円と少額であるため、クリック合戦になってしまうかもしれないですね。

【利回り4~8%】ASSECLI(アセクリ)公式サイト
アセクリ

ASSECLIの運営会社は資本金1億円の「株式会社エボルゾーン」です。

本社は港区にあり、株式会社岩本組という建設会社が子会社となっています。 

エボルゾーンは、一棟収益不動産(マンション・アパート・商業ビル)を中心に、創業以来1,000件以上の取引実績があるとのことです。

これまでの不動産開発のノウハウと共に、グループ企業である岩本組の技術力を加え、品質・デザイン性・収益性を兼ね備えた物件を開発し、そこから生じる収益および利益を、手軽な小口投資でも還元出来る商品づくりを進めてきた結果、不動産特定共同事業法に基づいた不動産投資型クラウドファンディングサービスを提供することになったとのことです。

f:id:socialen:20201222222157p:plain

なお、不動産投資型クラウドファンディングでは、出資元本の安全性を高めるために、優先劣後方式が採用されることが多いですが、ASSECLIでも優先劣後方式が採用されています。

f:id:socialen:20201222221444p:plain


投資家の出資金は、不動産の購入や事業資金として利用されますが、不動産事業という性質上、外的要因などにより、空室による賃料低下や不動産価格の下落による損益が発生する可能性があります。
その場合、先ずは劣後出資者である運営会社の出資分が減額となり、それを超えた分のみ優先出資者である投資家の減額になりますので、元本の安全性が考えられた仕組みと言えます。

f:id:socialen:20201222221744p:plain


不動産投資型クラウドファンディングは知名度が上がると、投資家の需要に案件供給が追い付かなくなり投資しづらくなる傾向がありますので、ある程度実績のある事業者が新規参入してくることにより、選択の幅が広がるのは良いことだと思っています。 

 

ASSECLI(アセクリ)では、すでに3案件の償還が完了(1号、2号、3号案件)しています。  

私の場合は、現在、不動産投資型クラウドファンディングの運用額を増やしていっていますので、未上場でも ASSECLI(アセクリ) のように実績のある事業者のサービスには、積極的に投資していきたいと考えています。

【昨年新規参入の不動産投資型クラウドファンディング】 

→ASSECLI(アセクリ)公式サイト
ASSECLI(アセクリ)

→Rimple(リンプル)公式サイト
Rimple(リンプル)

→A funding(エー・ファンディング)公式サイト

→ぽちぽちFUNDING公式サイト
ぽちぽちFUNDING

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓