ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

<10/31まで>初めての投資で最大10万円キャッシュバック!
SAMURAI FUND

【募集は12月1日まで】「ぽちぽちFUNDING」の運営はしっかりしている印象

f:id:socialen:20201121194505j:plain

こんばんは!不動産投資型クラウドファンディングで超分散投資をしているSAITAMANです。

 

今週1号ファンドの募集があったぽちぽちFUNDINGですが、早くも2号ファンドの募集予告がされています。

1号ファンドは先着方式のため、激しいクリック合戦となりましたが、2号ファンドは抽選方式での募集が予定されています。

f:id:socialen:20201121184357p:plain

所在:東京都台東区

物件:区分マンション

募集金額:952万円

想定利回り:年利5.0%

運用期間:181日

劣後出資:20%

募集方式:抽選式

募集期間:2020/11/26 12:30~2020/12/1 13:00

 

利回りは5.0%と若干低下していますが、運用期間が倍になっていますので、実質利回りで計算するとそれほどの違いはありません。  

 

なお、プロジェクトに応募するには「出資者登録」が必要となります。

募集開始は11月26日12時30分からとなっていますが、抽選方式のため、12月1日13時まで投資申込する余裕があります。 

本人確認ハガキを受け取り、確認コードを入力すれば出資者登録完了となります。

 →「ぽちぽちFUNDING」公式サイト
ぽちぽちFUNDING  

 

ぽちぽちFUNDINGは、募集開始前の告知方法、セミナー内容、サイトの作り、先着式・抽選式の使い分け、ファンド詳細等から判断するに、恐らく、運営会社の担当者がきちんとした業務をされていると思います。

 

そんなの出資者の大切なお金を扱うのだから当たり前のことじゃないか?

普通に株式投資しかしたことのない方などはそう思われますよね。

それが残念なことに、融資型・不動産投資型クラウドファンディング投資を10年も続けていますと、驚くほどいい加減な運営会社に何度も出会ってきたんですよね。

どこがどういい加減なのかと明確な特徴を挙げるのは、総合的な判断なので難しいのですが、この業界への投資歴が長い方なら何となく分かるのではないでしょうか。

 

この点、融資型・不動産投資型クラウドファンディング投資歴10年のSAITAMANの勘に過ぎませんが、ぽちぽちFUNDINGの運営会社については、かなりしっかりしている印象を持ちました。

あくまで、投資歴10年のSAITAMANの勘に過ぎませんので、当然のことですが、実際に投資をする際には各自でよくご検討ください。

 

そんなわけで、私の場合は、1号ファンドには上限の50万円で投資させていただきました。

f:id:socialen:20201119143419p:plain

2号ファンドにも50万円投資をしたいと考えていますが、次回は抽選方式ですので、競争率はより高くなるような気がしています。

 →「ぽちぽちFUNDING」公式サイト
ぽちぽちFUNDING 

 

今年8月から投資家登録受付が開始された「ぽちぽちFUNDING」ですが、運営会社による不動産小口化商品の募集は昨年から行われていました。 

f:id:socialen:20200818192018p:plain

先行する不動産小口化商品は「COLEAD」という名称ですが、最低投資金額は50万円からと、ややハードルが高くなっています。

運営会社では、以下のような表を掲載して、他の金融商品との比較が行われていますが、不動産投資型クラウドファンディングは「基本的に途中解約不可」というデメリットが挙げられています。

途中解約については、TATERU Fundingが可能でしたが、現在はサービスが終了していますし、不動産投資型クラウドファンディングサービスではNo.1の会員数を誇るRimple(リンプル) は、事業者の信用低下が明らかになった場合などやむを得ない事由がある場合のみ、解約が可能となっています。

 

この点、「ぽちぽちFUNDING」では、「原則、いつでも解約が可能」という条件にして、このデメリットを消したことになりますね。

f:id:socialen:20200818190712p:plain

なお、利回りについては、「COLEAD」の利回りが5.0%程度ですし、クラウドファンディングの利回りも4~8%と認識されているようですので、ぽちぽちFUNDINGも、近い利回りが提示されることになると予想していましたが、第1号ファンドは5.5%に設定されましたね。

f:id:socialen:20200818191101p:plain

 →「ぽちぽちFUNDING」公式サイト
ぽちぽちFUNDING

 

ぽちぽちFUNDINGの運営会社はアイディ株式会社です。

アイディ株式会社は、城南エリアを中心に投資用不動産(アパート・マンション)の建築・販売を行っている創業50年(1969年4月創業)を超える老舗企業です。f:id:socialen:20200812195901p:plain

 なお、ぽちぽちファンディングというネーミングは、「スマホでぽちぽち」 + 「クラウドファンディング」を表しています。
スマホを使い、誰もが簡単に・手軽に・よりよい資産運用を体験して欲しいという想いが込められているとのことです。

 

個人的には、運営会社の実績と、ぽちぽちFUNDINGのHPの記載内容からして、一定の信頼ができるサービスだと判断しました。

 

ぽちぽちFUNDINGの特徴は以下のとおりですが、何と言いましても、「原則、いつでも解約が可能」というところがいいですよね。

TATERU Fundingも解約可能だったために、運営企業に問題が発生した際に早々に解約して安心できたという方も多かったのではないでしょうか(もちろん、そのようなことがないに越したことはありませんが)。

 

1口1万円から始められる
1口1万円から投資ができるので、月々のお小遣いや、お手元の預貯金やボーナスなどから気軽に始めることが可能です。

 

管理の手間が不要・ほったらかしでOK
物件取得から運用中の家賃管理・建物管理、売却までアイディグループが連携して行います。
出資後の面倒な管理は一切不要。全てお任せで資産運用が行えます。

 

いつでも解約可能
原則、いつでも解約が可能です。まとまったお金が必要な時にいつでも引き出せるので、ライフスタイルに変化があったときも安心です。
※別途手数料が必要となります。

 

資産形成・資産運用について学べるコンテンツ
定期的なセミナー、メルマガ、動画を配信。お金に関するスキルアップを応援します。
ファイナンシャルプランナー(FP)によるライフプランニングも無料で実施!
※一部条件あり。

→「ぽちぽちFUNDING」公式サイト
ぽちぽちFUNDING

 

最低投資額は1万円からと少額投資が可能で、運営会社による「劣後出資(出資割合は案件ごとに変動)」もされる予定です(1号・2号ファンドは20%)

f:id:socialen:20200812201148p:plain

 

不動産投資型クラウドファンディングサービスは知名度が上がると、投資家の需要に案件供給が追い付かなくなり投資しづらくなる傾向がありますので、私も第1号ファンドから投資させていただきました。

→「ぽちぽちFUNDING」公式サイト
ぽちぽちFUNDING

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓