ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【残り5,000万円】シーアールイー保証付き「CRE物流ファンド8号杉戸」に投資しました!

f:id:socialen:20200913184111j:plain

こんばんは!ソーシャルレンディング投資歴10年目のSAITAMANです。

 

2億3,000万円という過去最大の募集がおこなわれている「物流不動産特化型」クラウドファンディングCRE Funding(シーアールイー ファンディング)の第8号ファンドに投資させていただきました!

f:id:socialen:20201013183124p:plain

私の場合は、同じ対象物件である「CRE物流ファンド7号杉戸」に50万円投資していますので、今回は30万円の追加投資をさせていただいたかたちになります。

これで、CRE Fundingへの投資額は約236万円となりました。

f:id:socialen:20201013184035p:plain

 

前回はクリック合戦(募集枠の奪い合い)となりましたが、今回は募集額が倍以上となったため、今からでも投資することが可能です。

募集期限の10月30日までには売り切れてしまうと思いますが、残り募集枠は約5,000万円となっています。

f:id:socialen:20201013183654p:plain
→東証一部上場企業運営「CRE Funding」公式サイト

CRE Funding

f:id:socialen:20200831175710j:plain

名称:    CRE物流ファンド8号杉戸
事業者:   株式会社CREアライアンス
募集総額:  2億3,000万円
募集形式:  先着順
募集期間:  2020/10/12 19:00~2020/10/30 15:00
予定利回り: 約2.8%(年率, 税引前)
予定運用期間:2020/11/4~2021/7/30(約8ヶ月
その他:   対象のローンに株式会社シーアールイーの保証付き

 【本ファンドの特徴】
①本不動産ファンドは、CREとの間で賃料保証型のマスターリース契約を締結することで、賃料収入の安定性を確保しています。
②本ローンは、CREの保証付きであり、元本毀損リスクを低減しています。
③信託受益権に第一順位の根質権の設定及び停止条件付根抵当契約が締結されるため、債権の保全性が高まります。

 

今回のファンドは、前回7号ファンドと同じ物件(埼玉県北葛飾郡杉戸町に所在する工場(杉戸81号))が対象となっています。

 

対象物件が「工場」ということで、前回は一瞬どういうことかと思ったのですが、将来的な物流施設への転用が可能な施設とのことです。

なお、倉庫利用が可能な物件であればCREによるマスターリースを可能としており、CREグループ及びCREグループが運営するファンドでは、現況が工場利用の場合も投資対象としているとのことです。

 

そして、今回も「鑑定評価の概要」が掲載されています。 

f:id:socialen:20200831180643j:plain

毎回クリック合戦となるFunds(ファンズ)のファンド組成企業と比べてみても、利回り2.8%であれば、悪い条件ではありませんので、今回も投資させていただきました。

→東証一部上場企業運営「CRE Funding」公式サイト
CRE Funding

 

CRE Fundingは、東証一部上場の株式会社シーアールイーによる、日本初の物流不動産特化型のクラウドファンディングになります。

ただし、運営の実務面を担うのはプラットフォームサービスの専門企業「FUEL株式会社」になります。

なお、CRE Fundingの評価については、こちらの記事でまとめさせていただいています。

www.socialen.net

 

CRE Fundingでは8号ファンドまで組成されましたが、全て東証一部上場企業の保証付きという非常に手堅い案件となっています。

現在のところ、同じく上場企業がファンド組成しているプラットフォームFundsのような知名度もありませんので、まだまだ狙い目のサービスだと思います。

→CRE Funding公式サイト
CRE Funding

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓