ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

【100万円+端数投資成功!】CRE Fundingのクリック合戦必勝法を伝授します!

f:id:socialen:20200618211256j:plainこんばんは!ソーシャルレンディング投資歴9年目のサイタマンです。

 

昨日19時から、信頼性の非常に高い日本初の「物流不動産特化型」のクラウドファンディングCRE Funding(シーアールイー ファンディング)で、第5号ファンドのクリック合戦がありましたが、開始から実質10秒くらいで瞬間蒸発でした。

19時00分20秒くらいまでは残っていましたが、19時00分05秒くらいに再読み込みしたところ、開始画面になりませんでしたので、慌ててもう一度再読み込みして何とか投資できました。

先入金システムということを考慮すると、このスピードはすごいですね。

f:id:socialen:20200618201554j:plain

上記画像をみて「あれ?」とお思いになりましたでしょうか。

投資金額が1,000,137円?

 

そう、ご存知だった方もいらっしゃるかもしれませんが、CRE Fundingって1万円以上1円単位から投資できたんですね!

今回、「全額投資する」ボタンを押すまで気づきませんでした(笑)

どこかに記載があるかと思いサイト内を探してみましたが、この最低投資額以上であれば1円単位で投資できる点をプッシュする気はないようで、記載は見当たりませんでした。

まあ、予定どおり100万円投資できて良かったです。

 

そして、CRE Fundingのクリック合戦必勝法ははっきりしました。

f:id:socialen:20200618202402j:plain

①契約締結前交付書面と匿名組合契約書は開始時間前でも確認できますので、必ず時間前に確認してチェックしておきましょう。これを開始時間後にしているようでは勝つのは厳しくなります。

 

②これは他の事業者でもそうですが、開始時間2~3秒後に再読み込みしても、開始画面に遷移しない確率が高いです。ここはグッと我慢して最低5秒後以降に再読み込みしましょう(何秒後が遷移するタイミングなのかは毎回違いますので、ドキドキするのは仕方ありません)。

 

③投資単位は「1回のボタンクリック」で入力できる「10万」「50万」「100万」「全額投資する」でスピードアップしましょう。先入金システムですので、投資したい金額のみ入金しておき、「全額投資する」で対応するのがベストだと思います(数字を手入力などしていては、ほぼ間に合わないでしょう)。

 

④ここまでして負けたら・・・それは運がなかったと思い諦めましょう(笑)

→東証一部上場企業運営「CRE Funding」公式サイト
CRE Funding

 

今回のファンドは表示利回りは3.0%ですが、投資金額の0.5%がキャッシュバックされますので、実質利回りは3.5%になります。

f:id:socialen:20200612232152j:plain

今回のファンドも、第1号~第4号ファンドに引き続き「株式会社シーアールイーの保証付き」でした。

毎回クリック合戦となるFunds(ファンズ)のファンド組成企業と比べてみても、利回り3.0%でもそんなに悪い条件ではないと思っていましたが、今回は0.5%キャッシュバックされますので、非常に良い条件だったと思います。

 

個人的には、この水準の利回りが維持されるのであれば、Fundsの不動産関連事業者組成ファンドと比較検討して投資していくことになると思いますが、物流不動産への分散投資効果も考慮しますと、CRE Fundingへの投資額は今後も増えていくと思います。

→東証一部上場企業運営「CRE Funding」公式サイト
CRE Funding

 

CRE Fundingは、東証一部上場の株式会社シーアールイーによる、日本初の物流不動産特化型のクラウドファンディングになります。

ただし、運営会社は同じく東証一部上場の「FUEL株式会社」になります。

f:id:socialen:20200227192436j:plain

投資家からの支持が高いFunds(ファンズ)と同じく、FUELが募集を行い、ファンドを組成するのはCREグループというスキームです。

この仕組みにより、CREグループによる審査に加えて、FUEL株式会社(第二種金融商品取引業者)による第三者審査が行われ、安心して投資できる商品が提供されることになります。 

 

株式会社シーアールイーの設立は2009年12月で、国内でも数少ない物流不動産分野に特化した企業で、その実績も十分にあります。

f:id:socialen:20200528180805j:plain

CRE Fundingでは5号ファンドまで組成されましたが、全て東証一部上場企業の保証付きという非常に手堅い案件となっています。

現在のところ、同じく上場企業がファンド組成しているプラットフォームFundsのような知名度もありませんので、まだまだ狙い目のサービスだと思います。

→CRE Funding公式サイト
CRE Funding

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓