ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

【CREAL】投資家からの信頼を勝ち取りましたね。

こんばんは!知多ハイボールでちょっと贅沢しているサイタマンです。

 

CREAL(クリアル)の認可保育所「さくらさくみらい駒込」案件が無事満額成立しましたね。

24日19:00までの募集期限でしたが、実質金曜日が最終日みたいなものでしたので、ちょうど満額成立となって良かったです。

それにしても、初回8億8千万円のホテル案件といい、クリアルは大型案件を計ったようにきっちりと期限前に満額成立まで持っていきますよね。

キャンペーン発動期間も効果的ですし、大型案件が募集されていない空白期間の区分所有案件の出し方も上手だと思います。

元々、マーケティング能力が高い会社なのかもしれないですね。

それに、案件説明をできるだけ詳細にして、鑑定会社の報告書も掲載して不透明なソシャレン投資で疑心暗鬼になっている投資家への訴求も上手くいっていると思います。

 

私の、CREALへの投資内訳は以下のとおりで、募集されてきたほとんどの案件に分散投資をしていることから、合計7案件、投資総額は203万円になっています。 

f:id:socialen:20190315175446j:plain

 

やはり、同業他社への投資との関係で、ホテル案件と保育所案件への投資額が多くなっています。

それほど高くはない利回りで、新規事業者が大型案件の募集枠を埋めるのは、短期間で投資家の信頼を得ることに成功した証だと思います。

他の不動産投資型クラウドファンディング事業者と比べてもCREAL案件の情報量の多さは群を抜いていますし、メールアドレス会員登録をすればご覧いただけるファンド詳細は非常に分かりやすく説明されていると思いますので、会員登録だけしておいても損はないと思います。

 CREAL
CREAL

なお、メールアドレス会員登録をすれば、全ての案件について、鑑定会社による不動産調査報告概要が添付されていることを確認することもできます。

また、CREALの運営会社である株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの「不動産ファンド運営事業の受託資産残高(AUM)は約300億円(2018年10月末時点)」という実績(CREALサービスの開始は昨年からですが、創業は2011年5月)からも、CREALの信頼性は高いものと判断しています。

 

今後も伸びていくであろう不動産投資型クラウドファンディング業界ですが、ここのところRenosyの募集がないため、CREALと FANTAS fundingへの投資だけになっています。私の場合は、3事業者で総額500万円程度まで投資額を増やしていく予定です。

CREALは1口1万円から不動産への少額投資が可能ですので、不動産投資初心者の方でも気軽に始めることができるのではないでしょうか。

CREALはメールアドレス会員登録だけで案件情報詳細を見ることができます(メールアドレス登録完了後、投資家登録の画面に移りますが、投資家登録はしなくても案件情報詳細は見られます)ので、案件情報詳細をみて充分検討されてから投資家登録されてもいいと思います。

 CREAL

CREAL

※私は現在のところ、CREALには203万円投資させていただいていますが、 元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓



【口座開設リンク】

Funds(ファンズ)
Funds
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
OwnersBook(オーナーズブック)
OwnersBook
CREAL(クリアル)
CREAL
Crowd Bank(クラウドバンク)
クラウドバンク
LENDEX(レンデックス)
LENDEX
Crowdcredit(クラウドクレジット)

PocketFunding(ポケットファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)
FANTAS funding

※上記は全て管理人が実際に利用している事業者ですが、元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。