ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

新規登録で楽天ポイント2,000円分プレゼント!
バンカーズ

【画期的システム】利回り約60%!?これは応募殺到になるのでは?

 

こんばんは!これは凄いシステムですね!のSAITAMANです。

 

当ブログと限定タイアップ中につき

合計3,000円分プレゼント!

【12/14まで先着500名様限定】

当ブログのリンク経由の投資家登録で、

Amazonギフト券1,000円分プレゼント!

COZUCHI

アイフルグループが運営】

当ブログのリンク経由の会員登録で、

Amazonギフト券1,000円分+Vプリカ1,000円分プレゼント!

AGクラウドファンディング

 

好条件ファンドを続々と組成してくれているCOZUCHIにて、リセールファンドの募集予告がありました!

5ファンドの募集予告がされていますが、恐らく高倍率抽選になるのではないでしょうか。

 

COZUCHIでは、投資期間中に現金が必要となった場合は、マイページの換金申請から手続き(買取申請)をすることで、いつでも換金可能となっています(換金手続きには事務手数料あり)。

リセールファンドは、そのCOZUCHIが買取した(地位譲渡を受けた)優先出資持分を再販売(再募集)するファンドになります。

 

リセールファンドは、以下の2つの理由から想定利回りが高くなります。

①分配金を受け取る権利は、運用期間(計算期間)末日の投資家にある。

事業者の約款(組合契約書)において、分配金を受け取る権利を持つのは運用期間(計算期間)の末日に出資している投資家とされているため、運用期間(計算期間)途中から出資した場合でも、運用期間(計算期間)の初日からの分配金を受け取ることができます。

 

②投資日数が短くなる。

リセール対象となるファンドは、リセール時には既に運用が開始されています。
リセールによって優先出資持分を取得する(地位譲渡を受ける)投資家様は、運用期間(計算期間)の途中からファンドに参加することになるため、実際の投資運用日数は当初から投資している投資家より短くなります。

 

上記①②により、短い投資日数で当初想定利回りによる分配金を受け取ることができるため、リセールによる想定利回りは高くなります。

ただし、当初の利回りもあくまでも「想定利回り」のためファンドの運用結果によっては、当初想定利回りが変動し、リセールによる想定利回りも変動しますのでご注意ください。

また、運用期間中に複数回の分配が予定されている場合(計算期間が複数に分けられている場合)は、リセールが実施される日が属する計算期間の想定利回りは投資日数が短くなることにより高くなりますが、その後の計算期間に対応する想定利回りは、投資日数が計算期間と同じになりますので、ファンドの当初想定利回りと同じになりますのでご注意ください(※全体としての投資日数が短くなることにより想定利回りが高くなる効果はあります)。

※当ブログのリンク経由の投資家登録で、Amazonギフト券1,000円分プレゼント!

→COZUCHI公式サイト
COZUCHI

 

以下が募集予告されている5ファンドです。

リセールファンドの仕組みは理解していましたが、この利回りを見ると改めて凄い仕組みだなと感じます。

特に、この残り運用期間2ヶ月、想定利回り59.50%のリニア開発プロジェクトとか、どんな抽選倍率になるんでしょうね(笑)

 

その他のファンドについても、当初の利回りと比較すると、5.0%→6.0%、10.0%→10.3%、8.0%→21.2%、6.0%→17.2%となっています。

やはり、残り運用期間が短いファンドについては、想定利回りがとんでもないことになりますね。

 

個人的には、投資していない全ファンドに分散申込しようかと考えています。

募集期間は、全て12月7日19時~12月9日13時(抽選方式)となっています。

COZUCHIでは、スマホで本人確認にも対応していますので、今から口座開設申請していただいても、不備がなければ十分間に合うと思います。

※当ブログのリンク経由の投資家登録で、Amazonギフト券1,000円分プレゼント!

→COZUCHIに無料会員登録
COZUCHI

 

COZUCHIでは、「総額200億円突破記念キャンペーン」が開催されています!

本キャンペーンでは、当ブログ(対象メディア)の広告リンクを経由して、新規投資家登録いただいた方に、Amazonギフト券1,000円分がプレゼントされます。

【キャンペーン期間】
2022年11月17日(木)〜2022年12月14日(水)
【キャンペーン対象者】
以下①②を満たした方が対象となります。
①キャンペーン期間内に対象メディア経由で投資家登録の申請を行った方
期限:2022/12/14までに投資家登録申請 
②審査を経て投資家登録完了
期限:2022/12/21まで(書類不備等があった場合はその修正・補完も含む)
※対象メディア経由での申込が確認できない場合はキャンペーン対象外となります。
※本キャンペーンは先着500名限定となります。応募が500名を超えた時点でキャンペーン対象外となります。
【プレゼント内容】
Amazonギフト券1,000円分
【プレゼント付与方法】
投資家登録時ご登録いただいたメールアドレス宛に2023年1月以降にお送りいたします。

 

COZUCHIでは、スマホで本人確認にも対応していますので、最短即日に投資を開始することができます。

f:id:socialen:20211112224650p:plain

※プレゼント対象となるためには、対象メディア経由での投資家登録が必要となります。

※当ブログのリンク経由の投資家登録で、Amazonギフト券1,000円分プレゼント!

→COZUCHIに無料会員登録
COZUCHI

 

COZUCHIは、「キャピタルゲインを一定の分配方針に基づいて上限なしに配当する方針」があり、続々と想定を上回る利回りを実現させています。

 

そもそも高利回りをたたき出せるポテンシャルのある物件を仕入れられないことには何も始まらないわけですが、上手い具合に高値で売却できたとしても、不動産クラウドファンディングにおける配当は、優先出資者(我々投資家)に優先的に配当される一方で、キャピタルゲインの配当利回りに上限が設定されるのが一般的です。

 

他の不動産クラウドファンディングにはあまりない、このCOZUCHI独自の配当方針が、短期間で累計調達額200億円超えまで達成できた一番大きな要因だと考えています。

 

 

私の場合は、COZUCHIでは本当に多様なファンドが募集されていますので、好みのプロジェクトに分散投資していっているのですが、これまでのところ、私が投資した案件については、2つを除いて全て上振れして償還されてきました(2案件は想定通り償還)。

本当にびっくりするような上振れをすることもあります。

私が投資した中では、年率24.5%にもなったファンドがありました。

 

他にも、抽選に外れて投資はできませんでしたが、高い利回りをたたき出しているファンドもあります。

 

 

超短期運用なので実現できた数字ではありますが、過去にはこんなファンドもありましたね。


 

 

COZUCHIは、対象物件と条件の種類が豊富で、どうして好条件ファンドが組成できたのか、その経緯が詳細に記載されていますので、自分で考えて好みのプロジェクトを選択できる点が気に入っています。

他ではお見掛けしないユニークなファンドもあります。

 

また、COZUCHIは、運営会社がより良いサービスとなるように、色々と努力されているのが伝わってきます。

これまでの実績も積み上がってきましたが、「今後への期待」という点でも、かなり上位にある不動産クラウドファンディングサービスだと考えています。

※当ブログのリンク経由の投資家登録で、Amazonギフト券1,000円分プレゼント!

→COZUCHIに無料会員登録
COZUCHI

※新規登録でワイズコイン2,000円分プレゼント!

→利回り不動産に無料会員登録

f:id:socialen:20210820211409j:plain

※新規投資家登録でデジコ1,000円分プレゼント

→ASSECLI(アセクリ)無料投資家登録
ASSECLI(アセクリ)

※新規登録でAmazonギフト券1,000円分プレゼント!

→DARWIN fundingに無料会員登録
DARWIN funding

※新規登録でAmazonギフト券1,000円分プレゼント!

→マリタイムバンクに無料会員登録
マリタイムバンク

※新規登録でAmazonギフト券1,000円分プレゼント!

→Jointoα(ジョイントアルファ)に無料会員登録
Jointoα(ジョイントアルファ)

※限定タイアップにつき新規登録で2,000円分プレゼント!

→AGクラウドファンディングに無料会員登録
AGクラウドファンディング

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ