ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

【8月14日17時59分まで】新規口座開設キャンペーン中のクラウドバンクに投資しました!

f:id:socialen:20200730234259j:plain

こんばんは!ソーシャルレンディング投資歴10年目になるサイタマンです。

 

先月14日に、応募総額が1,000億円を突破したCrowd Bank(クラウドバンク)案件に投資させていただきました!

 

少額での投資をする場合、クリック合戦に参戦してまで投資することはあまりないのですが、クラウドバンクのように案件が豊富にあってお手軽に投資できるなら、投資したくなりますね。

f:id:socialen:20200810201146p:plain

今回投資させていただいた「中小企業支援型ローンファンド」の資金は、エステ顧客向けクレジット契約に基づくエステ代金の立替払、債務の借換等に活用され、当該事業におけるエステ顧客による毎月の元利金入金又は他金融機関からの借り換え資金等から返済が行われる予定です。

融資先は、会員限定情報となっていますが、スマートレンドでも募集されていた実績のある企業です。 

利回りは3.8%と、スマートレンドで募集されていたころからすると低下していますが、リスクはかなり分散されていますし、ここにはクラウドバンクで募集されるようになってから投資していませんでしたので、今回投資させていただきました。

f:id:socialen:20200810202238p:plain

→クラウドバンク公式サイト
クラウドバンク

 

クラウドバンクは、ついに応募総額は先月14日には1,000億円を突破しました!

ということだったのですが、1か月も経たないうちに45億円も増えています(笑)

f:id:socialen:20200810200527p:plain

証券会社が運営していて、実績も十分あり、デフォルトもゼロですので、人気化するのは当然のことかもしれませんが、この応募総額は、業界トップのmaneoの約1,642億円(新規募集停止中)、第2位のSBIソーシャルレンディングの約1,449億円(2020年7月時点)に次ぎソーシャルレンディング業界では第3位の数字です。

新規募集停止中のmaneoを除けば、規模的にはSBISLとクラウドバンクの2強状態となっています。

両事業者に共通するのは、「近年ずっと高利回りを維持している」という点ではないでしょうか。

SBISLの随時募集案件については、若干利回りが低下している案件もありますが、ほとんどの案件で6%以上の利回りを維持しています。

クラウドバンクに関しては、実質平均利回りが約7%でデフォルトゼロというのは驚異的な成績だと思います。

まさに、ここまでは「待つだけ、資産運用」の宣伝文句どおりの運用結果だと言えます。

→クラウドバンク公式サイト
クラウドバンク

 

現在、Crowd Bank(クラウドバンク)では、期間中に口座開設が完了した方に、もれなく1,000円キャッシュバックされるキャンペーンが実施されています! 

キャンペーン期限は、8月14日17時59分までとなっています。

f:id:socialen:20200727235744j:plain→クラウドバンク公式サイト
クラウドバンク

 

投資家から絶大な支持を得ているクラウドバンクには、私もサービス開始時から投資をさせていただいています。

貸付先が開示されていない案件についても、 クラウドバンク口座を開設すれば、会員限定情報で貸付先を識別するイニシャルは確認できますので、そこは確認してから投資した方が良いと思います。

 

また、クラウドバンクは、1万円以上1千円単位で投資できるのと、案件数が豊富で、案件の種類を選ばないという方であれば、デポジット口座に資金が滞留してしまうことが少ないため、複利効果が抜群です。

クラウドバンク案件については、わざわざクリック合戦をする必要がなく、少額でも投資しやすいところが良いと思います。

 

なお、クラウドバンクは、日本で最初に第一種金融商品取引業者としてソーシャルレンディング事業に進出した事業者になります。

ソーシャルレンディング事業者としての実績は6年以上になります。

私のクラウドバンクへの投資歴はSBISLの次に長く、クラウドバンクに最初に投資をしたのは、2013年12月のサービス開始時からになります。

 

現在では、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電などの自然エネルギー事業、香港のオンライン完結型消費者金融事業者支援、国内外の不動産を担保とする土地開発事業、上場企業に対する融資案件を中心に募集されています。

そして、maneoマーケット利用事業者の相次ぐ返済遅延発生以降は、業界第3位の累計応募金額を誇るクラウドバンクの増加率は非常に大きくなっています。 

 

私の場合、クラウドバンクは準主力事業者として長年投資していますので、既に累計分配金が現在の運用額を上回った状態になっています。  

クラウドバンクへは、現在の運用額近辺を維持して、償還があるたびに再投資していきたいと考えています。 

→クラウドバンク公式サイト
クラウドバンク

※私は現在のところ、クラウドバンクには75万円投資させていただいていますが、 元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓