ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【過去最高利回り!】CREAL認可保育所案件は4月27日20時募集開始!

f:id:socialen:20200424210724j:plain

こんばんは!CREALで超分散投資をしているサイタマンです。

 

私も400万円以上投資しているCREAL(クリアル) から、認可保育所案件の募集詳細が発表されました。

なんと、利回りはクリアル史上最高の6.0%となっています!

f:id:socialen:20200424211150j:plain

・案件名:(仮称)ココファン・ナーサリー旗の台
・運営者(テナント):東証一部上場企業グループ「株式会社学研ココファン・ナーサリー」
・募集金額:46,900万円
・想定利回り(年利):6.0%
・想定運用期間:15ヶ月
・募集期間:2020年4月27日 20:00〜2020年5月26日 20:00

→CREALメール会員登録
CREAL

運営は東証一部上場の学研ホールディングスのグループ企業ですので、運営主体の信頼性は高いと思います。

学研ホールディングスは、学習参考書や児童書でトップシェアを誇り、その他に塾、教室を全国展開したり、高齢者・介護支援住宅、保育園運営事業も拡大しています。

学研ホールディングスの業績は好調で、5期連続営業増益となっています。

 

本案件は、土地から購入し保育園を建築する不動産開発プロジェクトであり、不動産開発段階からファンド支援する対価として高い利回りを実現するとのことです。

 

なお、恐らく誰もが心配されているであろう新型コロナウイルスの影響に関しては、国や自治体などから補助金が給付され経営的な安定度が高い認可保育所への投資であり、「新型コロナウイルスによる登園自粛の状況下においても、行政からの補助金等の収入に影響を与える可能性は低い」と注記されています。

f:id:socialen:20200424212547j:plain

また、今回のブリッジ・シー・キャピタルによる劣後出資割合は約20%と高い水準になっています。

 

CREALとしては、これが3つ目の「認可保育所」案件となりますが、そのうちの1案件は無事償還されています。

私は、今回の案件にも投資させていただく予定です。

→CREALメール会員登録
CREAL

※CREAL(クリアル)はメールアドレス会員登録だけで案件情報詳細を見ることができます(メールアドレス登録完了後、投資家登録の画面に移りますが、投資家登録はしなくても案件情報詳細は見られます)ので、案件情報詳細をみて充分検討されてから口座開設されてもいいと思います。

 

不動産投資型クラウドファンディングにおきましては、小口から投資可能なため、できるだけ分散投資するようにしています。

これまで、CREALでは初回案件から全ての大型案件に投資し、全ての区分所有案件のクリック合戦に参戦させていただいています。

現在のCREALへの投資は11案件、合計412万円(運用中318万円)なっています。

f:id:socialen:20200331143428j:plain

 

なお、ホテル一棟、マンション一棟、認可保育所のような大型案件と区分所有案件を豊富な情報量を伴って募集し続けた結果、 CREALは不動産特定共同事業法に基づくクラウドファンディングサービスとしては運用資産残高1位となっています。

そして、累計調達額は40億円超えとなっています。

f:id:socialen:20200331221906j:plain

 今後もこれまで投資家に支持されている丁寧な運用を続ける限り、運用資産残高は積み上がっていくものと思われます。

クリアルでは、1口1万円から不動産への少額投資が可能ですので、不動産投資初心者の方でも気軽に始めることができると思います。

→CREAL無料会員登録
CREAL

 

クリアルは、複数の悪徳事業者が貸付先の匿名化を利用して荒らし回ったソーシャルレンディングサービスではなく、不動産特定共同事業者法を利用した不動産投資型クラウドファンディングサービスになりますが、他の不動産投資型クラウドファンディングサービスと比べてもクリアル案件の情報量の多さは群を抜いていると思います。

ドキュメントには、「第三者への提供や再配布は不可」とのことですのでここで詳細は記載できませんが、JLL森井鑑定株式会社の「不動産調査報告概要」も掲載されています。内容的には、取引事例比較法と収益還元法による価格が提示されていますが、当然信頼できるものだと思います。

そして、クリアルでは優先/劣後出資方式が採用され、優先出資者である投資家の出資元本のリスクの低減も図られています。

 

CREALの運営会社である株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの「不動産ファンド運営事業の受託資産残高(AUM)は約300億円(2019年6月末時点)」という実績(CREALサービスの開始は一昨年からですが、創業は2011年5月)からも、CREALの信頼性は高いものと判断しています。

 

ソーシャルレンディングの場合は、事業者内で分散投資をしていても実は貸付先が同じでしたという意味のない分散になってしまう可能性もありますが、不動産投資型クラウドファンディングの場合は、確実に対象不動産は異なりますので、分散投資に意味はあると考えています。

 

なお、画面がフリーズしてしまうことはありませんが、クリアル案件も大人気となっていますので、当分の間は、区分所有案件については募集開始時刻に募集画面を開いてパソコン前で待機しないと投資できない状況が続くと思われますが、大型案件については今のところ余裕をもって投資することができています。

今回は、利回り6.0%と高くはなっていますが、募集額も4億6,900万円ありますので、余裕を持って投資ができるのではないでしょうか。

→CREAL公式サイト
CREAL

 ※私は現在のところ、CREALには412万円投資させていただいていますが、 元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓