ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【一安心!】私のクラウドクレジット運用状況と「東欧金融事業者支援ファンド」貸付先からのメッセージ

f:id:socialen:20200330223016j:plain

こんばんは!ソーシャルレンディング投資歴9年目のサイタマンです。

 

前回のクラウドクレジットキャンペーン宣伝記事で書き忘れていましたが、「ファンドパッケージ」を利用しても、「為替リスク」からは逃れられません。

 

私のここまでのクラウドクレジットでの成績も、為替差損を運用益でカバーするかたちで何とかプラス収支となっています。

f:id:socialen:20200330202526j:plain

 

私の現在の運用先は「東欧金融事業者支援ファンド」にかなり偏っているのですが、通貨別では、ドル、ユーロ、円、為替ヘッジありが中心となっています。

f:id:socialen:20200330220535j:plain

主要通貨に分散投資しているとはいえ、全体的に円高傾向にありますので、今後も当面の間は為替差損を運用益で何とかカバーするような成績が続くと思います。

もちろん、運用開始時より円安になれば、表面利回りを上回るリターンが見込めることになります。

こういう為替差損を受け入れられない方は、クラウドクレジットでの投資には向かないかもしれません。

→クラウドクレジット公式サイト

 

なお、私の主要投資先である 「東欧金融事業者支援ファンド」シリーズの貸付先からメッセージが届きました。

note.com

「今までのところ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、私たちの顧客の資金需要や返済行動にネガティブな影響はありません。」とのことで、運用面では問題ないようで安心しました。

流動性につきまして
私たちCream Finance社は、資金管理に関して、常に責任ある保守的な会社であり、バランスの取れた資金調達の仕組み、そして豊富な資金余力の確保を促進してきました。このような取組みにより、金融市場の混乱の中でも、融資業務等を継続し、持ちこたえることができるのです。資金調達戦略におきましては、25年以上にわたって消費者金融業を営み、私たちの最大株主でもある、南アフリカのCapitec Bankに指導を仰いでおります。私たちは彼らのサポートを得ながら、業界最高峰の知見を活用しています。

 

今後に向けて
私たちは、今般のような前例のない状況を、短期的にも、長期的にも非常に大きな機会として前向きに捉えています。厳しい外出規制の中でも、オンラインでの業務遂行が可能であれば、それは結果的に顧客と対面で業務をすることの多い従来の銀行や貸金業者の競合他社と比べ、私たちが非常に大きな強みを有していることの証明となります。私たちのオンライン業務における強みは、顧客がオンライン上での取引が増える現代におきまして、将来的により親和性を深めることになるでしょう。

(上記リンク先より抜粋)

こういうメッセージを発信していただけるのは、 安心材料にもなりありがたいことです。

個人的には、通貨分散は最大限できていますので、これで運用益で何とか為替差損分をカバーできる目途は立ったかなという感じです(今後、急激な円高に振れなければの話にはなりますが)。

→クラウドクレジット公式サイト

 

現在、クラウドクレジットでは、新規ID登録・口座開設者を対象として、20万円以上ファンドを購入された方にPayPayギフトカード5,000円相当をプレゼントするキャンペーンが実施されています。

 【キャンペーン概要】
対象のお客様:下記キャンペーン期間中に、新規でID登録の上、20万円以上ファンドを購入されたお客様
キャンペーン期間:2020年3月24日(火)0時0分 ~ 2020年4月28日(火)23時59分
プレゼント時期:2020年5月下旬〜2020年6月上旬

プレゼントの受け取り方法:対象のお客様のメールアドレスへ、ビットコインを受け取れるクーポンURLをお送りします。ビットコイン受け取りには期間内にbitFlyerでご本人確認のお手続きを完了する必要があります。
※現在 bitFlyer のアカウントをお持ちでない方もご応募いただけます。

f:id:socialen:20200330201839j:plain

→クラウドクレジット公式サイト

 ※私は現在のところ、クラウドクレジットには50万円投資させていただいていますが、 元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓