ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【土日祝日も投資できる!】実質業界2位のクラウドバンク「不動産担保型ローンファンド」に即時入金サービスを利用して投資しました!

f:id:socialen:20200215183330j:plain

こんばんは!ソーシャルレンディング投資歴9年目になるサイタマンです。

 

私の予想をはるかに上回る大人気事業者となったCrowd Bank(クラウドバンク)の勢いが止まりません。

先月半ばに応募総額800億円を突破したと思っていたら、既に応募総額は833億円を突破していました!

f:id:socialen:20200215180907j:plain

証券会社が運営していて、実績も十分あり、デフォルトもゼロですので、人気化するのは当然のことかもしれませんが、この応募総額は、業界トップのmaneoの約1,642億円(新規募集停止中)、第2位のSBIソーシャルレンディングの約1,251億円(2020年1月時点)に次ぎソーシャルレンディング業界では第3位の数字です。

新規募集停止中のmaneoを除けば、規模的にはSBISLとクラウドバンクの2強状態となっています。

両事業者に共通するのは、「近年ずっと高利回りを維持している」という点ではないでしょうか。

SBISLの随時募集案件については、若干利回りが低下している案件もありますが、ほとんどの案件で6%以上の利回りを維持しています。

クラウドバンクに関しては、実質平均利回りが7%近くてデフォルトゼロというのは驚異的な成績だと思います。

まさに、ここまでは「待つだけ、資産運用」の宣伝文句どおりの運用結果だと言えます。

高利回り事業者がそろったmaneoマーケットが募集停止になりましたので、この高利回り二事業者の人気はますます高まってくるものと思われます。

→クラウドバンク公式サイト
クラウドバンク

 

投資家から絶大な支持を得ているクラウドバンクには、私もサービス開始時から投資をさせていただいていますが、本日、初めて即時入金サービスを利用して再投資させていただきました。 

f:id:socialen:20200215181545j:plain

クラウドバンクは、1万円以上1千円単位で投資できるのと、案件数が豊富でデポジット口座に資金が滞留してしまうことが少ないため、複利効果が抜群ですが、即時入金サービスが導入されているため、投資したい案件が出てきたときに即時入金→即時投資ができるのもいいですね。

f:id:socialen:20200215181323j:plain

今回投資させていただいた案件は、「不動産担保型ローンファンド」で、太陽光発電所案件に偏りがちになるという方は、投資を検討されてもいいかと思います。

私も、償還時に漫然と再投資していたのでは太陽光発電所案件に偏りがちになりますので、太陽光発電所案件より利回りは低下しますが、不動産投資型案件が出てきたときには少額で新規投資させていただいています。

今回の融資先は会員限定情報となっていますが、きっちり名称、財務情報等表記されています。

融資先は、本融資により不動産を取得し、取得した不動産の売却により得られる資金を返済原資として本融資を返済する予定です。

対象となる不動産は江の島のベイサイドに位置しており、閑静な住宅街がらもサーフィン等のレジャーを楽しむことのできる人気エリアにあり、安定的な賃料収入が見込めるマンションとのことですが、会員限定情報では、良好な賃貸状況が記載されています。

なお、クラウドバンクは漫然と投資をしていたのでは、太陽光発電所案件等、結構貸付先が同じということがあります。

貸付先が開示されていない案件についても、 クラウドバンク口座を開設すれば、会員限定情報で貸付先を識別するイニシャルは確認できますので、そこは確認してから投資した方が良いと思います。

 

クラウドバンク案件については、わざわざクリック合戦をする必要がなく、少額でも投資しやすいところが良いですよね。

少額であれば、開発中の太陽光発電所案件や簡単な財務情報公開先でも気軽に投資できます。

→クラウドバンク公式サイト
クラウドバンク

 

クラウドバンクは、 経営面をみても順調に推移しています。 

財務報告書(平成30年4月30日~平成31年3月31日)

http://crowdbank.co.jp/media/ConsolidatedFinancialInformation_2019_03.pdf

前期と比較すると、営業収益は11億9,445万円→24億608万円と約2倍、当期純利益も4億7,561万円→5億2,465万円と伸長しています。 

クラウドバンクグループの連結財務諸表は、監査法人による会計監査を受けており、また運用資金の資金使途について外部弁護士2名による監査(四半期毎)を受けていますので、信頼性は高いものと判断しています。

 

なお、クラウドバンクは、日本で最初に第一種金融商品取引業者としてソーシャルレンディング事業に進出した事業者になります。

ソーシャルレンディング事業者としての実績は6年以上になります。

私のクラウドバンクへの投資歴はSBISLの次に長く、クラウドバンクに最初に投資をしたのは、2013年12月のサービス開始時からになります。

クラウドバンクの実績平均利回り6.99%というのは、怪しい高利回り事業者が淘汰されてきたこともあり、現状では高い利回りの部類に入ります。

実績面ではここまでデフォルトもなく、累計応募金額は833億円を超えており、ソーシャルレンディング業界では第3位の規模となっています。

現在では、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電などの自然エネルギー事業、香港のオンライン完結型消費者金融事業者支援、不動産を担保とする土地開発事業に対する融資案件を中心に募集されています。

私の場合は、これら全ての分野にに少額分散投資させていただいています。

そして、maneoマーケット利用事業者の相次ぐ返済遅延発生以降は、業界第3位の累計応募金額を誇るクラウドバンクの増加率は非常に大きくなっています。 

 

私の場合、クラウドバンクは準主力事業者として長年投資していますので、既に累計分配金が現在の運用額を上回った状態になっています。  

クラウドバンクへは、現在の運用額近辺を維持して、償還があるたびに再投資していきたいと考えています。 

クラウドバンク公式サイト
クラウドバンク

※私は現在のところ、クラウドバンクには65万円投資させていただいていますが、 元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓