ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

【営業収益2倍越え!】経営状況良好なクラウドバンク案件に再投資!

f:id:socialen:20190711230505j:plain

こんにちは!ソーシャルレンディング投資家のサイタマンです。

 

昨日は久しぶりにSBISLのサイトにアクセスしたのですが、本日はこれまた久々にクラウドバンクのサイトを確認してみたところ、連結財務情報が公開されていました。

 

財務報告書(平成30年4月30日~平成31年3月31日)

http://crowdbank.co.jp/media/ConsolidatedFinancialInformation_2019_03.pdf

 

経営面では順調ですね。

前期と比較すると、営業収益は11億9,445万円→24億608万円と約2倍になっていました。

さらに当期純利益も4億7,561万円→5億2,465万円と伸長しています。

なお、累計応募金額は584億円を突破していました。

 

未投資額が約4万円がありましたので、太陽光発電所案件に再投資させていただきました。 

f:id:socialen:20190711224715j:plain

調達単価は21円/kWhと18円/kWhということで、年々下げられていますね。

開示された事業者名や財務情報からは明らかに怪しい点はなさそうです。

一応、リスク分散のため、前回の融資先企業とは別の案件に投資させていただくことにしました。

 クラウドバンク公式サイト
クラウドバンク

クラウドバンクは、日本で最初に第一種金融商品取引業者としてソーシャルレンディング事業に進出した事業者になります。

ソーシャルレンディング事業者としての実績は5年以上になります。

私のクラウドバンクへの投資歴はSBISLの次に長く、クラウドバンクに最初に投資をしたのは、2013年12月のサービス開始時からになります。

クラウドバンクの実績平均利回り6.99%というのは、怪しい高利回り事業者が淘汰されてきたこともあり、現状では比較的高い利回りの部類に入ります。

実績面ではここまでデフォルトもなく、累計応募金額は584億円を超えており、ソーシャルレンディング業界では第3位の規模となっています。

現在では、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電などの自然エネルギー事業、不動産を担保とする土地開発事業に対する融資案件を中心に募集されています。

そして、maneoマーケット利用事業者の相次ぐ返済遅延発生以降は、業界第3位の累計応募金額を誇るクラウドバンクの増加率は大きくなっています。

f:id:socialen:20190713134313j:plain

クラウドバンクへは、現在の投資額を維持して、償還があるたびに再投資していきたいと考えています。 

クラウドバンク公式サイト
クラウドバンク

※私は現在のところ、クラウドバンクには約50万円投資させていただいていますが、 元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓



【クラウドファンディング口座開設リンク】

Funds
Funds
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
OwnersBook
OwnersBook
CREAL
CREAL
FANTAS funding
FANTAS funding
クラウドバンク
クラウドバンク
クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX
PocketFunding

※上記は全て管理人が実際に利用している事業者ですが、元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。