ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

【5年超えの実績!】過去貸し倒れ皆無のクラウドバンクに再投資!

こんにちは!ソーシャルレンディング投資家のサイタマンです。

 

昨日は無事にオーナーズブック案件に投資することができました。

オーナーズブックは投資できていてもエラー画面が出てしまうので、どれくらいの時間で完売になったのか分からないところがあるのですが、マイページを見ると、私の場合は1分01秒で投資完了となっていました。

f:id:socialen:20190313145217j:plain

昨日も書かせていただきましたとおり、オーナーズブック案件へはこの調子で10万円ずつ再投資していきたいと考えています。

OwnersBook
OwnersBook

 

昨日は、オーナーズブックに再投資すると同時に、クラウドバンクからも償還がありましたので、再投資させていただきました。

クラウドバンクへの投資歴はオーナーズブックよりも長く、私がクラウドバンクに最初に投資をしたのは、2013年12月のサービス開始時からになります。

クラウドバンクの実績平均利回りは6.79%で、利回りだけを見ると中間レベルに属することになります。

クラウドバンクは、日本で最初に第一種金融商品取引業者としてソーシャルレンディング事業に進出した事業者になります。

ソーシャルレンディング事業者としての実績は5年以上になります。

累計応募金額は470億円を超えており、ソーシャルレンディング業界では第3位の実績を誇っています。
クラウドバンク公式サイト
クラウドバンク

現在では、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電などの自然エネルギー事業、不動産を担保とする土地開発事業に対する融資案件を中心に募集されています。

私としては、償還された資金に関しては、クラウドバンク内で万遍なく再投資していきたいと考えています。

なお、クラウドバンクでは、案件詳細について開示される項目が増えてきています。 

f:id:socialen:20190312222037j:plain

例えば、私が今回出資させていただいた「中小企業支援型ローンファンド第460号」では、以前は公開されていなかった「融資先財務情報」が公開されています。

その他にも、担保物件の概要についても公開できるギリギリのところまできちんと公開されているようになっています。

これが貸付先の匿名化要件解除に向けての対応なのかどうかはわかりませんが、かなり案件についての情報公開は進んでいる印象を受けます。

 

また、クラウドバンクのサイトは年々非常に見やすく改善されてきています。 

過去の投資総額の推移や累計分配額、現在の投資先の特徴が一目で分かるようになっています。

ソーシャルレンディング事業者のなかでは一番投資状況が把握しやすいマイページになっていると思います。

f:id:socialen:20190313150712j:plain

f:id:socialen:20190313151331j:plain

クラウドバンクには、2013年12月から投資を始めて丸5年が経過しました。

資産総額の推移を見ると、2016年終わりから2017年最初に約800万円に投資額を増やしていったのですが、その後maneoマーケットに投資をシフトしていったのが思い出されてしまいます。

あのままクラウドバンクに資金を置いて6%台の比較的高い分配金をもらい続けていた方が利回りが良かったのか、maneoマーケットにシフトしたおかげで利回りが良くなったのかは、グリーンインフラレンディングの返還率次第になります。

maneoマーケット投資の収支面でのプラスは確定していますが、クラウドバンクに資金を置いておいた方が安心できたのは間違いないですね・・・
クラウドバンク公式サイト
クラウドバンク

※私は現在のところ、クラウドバンクには約86万円投資させていただいていますが、 元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓


【口座開設リンク】

Funds(ファンズ)
Funds
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
OwnersBook(オーナーズブック)
OwnersBook
CREAL(クリアル)
CREAL
Crowd Bank(クラウドバンク)
クラウドバンク
LENDEX(レンデックス)
LENDEX
Crowdcredit(クラウドクレジット)

PocketFunding(ポケットファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)
FANTAS funding

※上記は全て管理人が実際に利用している事業者ですが、元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。