ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【最大30万円相当も!】手堅い担保で人気の「バンカーズ」が新規ファンド公開!!

f:id:socialen:20210327174803p:plain

こんにちは!ソーシャルレンディング投資歴10年目のSAITAMANです。

 

昨年12月オープンの新たなソーシャルレンディングサービスBankers(バンカーズ)から、「バンカーズ地域医療機関支援・商業手形ファンド第3号」が公開されました!

募集額が2,900万円で運用期間9ヶ月、投資金額合計に応じて最大30万円分のAmazonギフト券がプレゼントされるキャンペーンが適用されますので、クリック合戦になってしまうのではないでしょうか。

募集開始は3月31日12時からとなっています。

f:id:socialen:20210327172428p:plain
→Bankers(バンカーズ)公式サイト

バンカーズ

 

本ファンドは、診療・介護報酬債権担保融資を行う事業者向け金融業者への融資と商業手形割引で運用するファンドです。 出資金2,900万円の内、2,700万円が金利4.5%の融資事業に、200万円が商業手形割引事業に充当されます。 

融資事業を通して借手融資先企業3社の資金繰りおよび経営改善に貢献すると同時に、バンカーズが46年以上営む商業手形割引事業によって中小企業の資金繰り改善への貢献および利回りアップと分散投資の実現を目指します。

f:id:socialen:20210327173358p:plain

予定利回りは、融資事業の利息による収益から営業者報酬1.35% (年率) を差し引いた値を下限とし、商業手形割引事業において、バンカーズの実績(2019年12月~2020年11月)の平均手形割引率8.62%によって実施した場合の収益を加えた値を上限として算出されています。

利回り2.72%~3.31%というのは、ソーシャルレンディング案件として決して高い方ではありませんが、ここは担保がガチガチなんですよね。 

f:id:socialen:20210327173752p:plain

担保

1. 借手の融資先3社から譲渡された診療・介護報酬債権の譲渡担保設定

借手の融資先1社については2021年4月~2028年5月入金分、借手の融資先2社については2021年4月~2028年12月入金分までの債権を譲渡担保設定し、国保・社保に対して配達証明付内容証明郵便にて債権譲渡通知を行います。

2. 債権譲渡された診療・介護報酬入金先の当社名義口座への変更

国保・社保からの入金口座を当社名義口座に変更し、1で譲渡された債権にかかる支払は直接当社へ入金されます。

3. 債権譲渡された診療・介護報酬債権が基準値を下回った際の増担保もしくは早期弁済に関する借手との契約

借手の融資先3社それぞれの診療・介護報酬月額が算定時の月平均報酬額(A社2,288千円、B社4,802千円、C社7,413千円)の80%を下回った場合には、増担保もしくは早期返済を求めることができる旨の契約を借手と締結します。

 

バンカーズのこれまでのファンド全てに言えることですが、上場企業への融資案件以外で、これほど堅い内容となっているケースは珍しいのではないでしょうか。
商業手形割引における割引手数料により得られる収益によって、利回りが上下する仕組みになっていますが、利回りに納得できれば「買い」だと思います。
→Bankers(バンカーズ)に無料会員登録

バンカーズ

 

私の場合は、バンカーズには1号、2号案件で50万円投資させていただきました。
どちらも、それほど利回り的に高いということがなかったにも関わらず、即日完売となりました。f:id:socialen:20210129185049p:plain

 

Bankers(バンカーズ)の運営会社は、昭和49年設立の株式会社バンカーズです。

株式会社バンカーズは、貸金業者として46年の歴史を有する泰平物産株式会社を母体とし、2019年に株式会社バンカーズ・ホールディングの100%子会社として現社名に変更されました。

 

そして、第2の創業期として、銀行、証券、ノンバンク、IT業界での経験を有するメンバーが参画し、「その投資は、日本の未来へ」をフィロソフィーとし、経済発展に貢献する総合金融プラットフォームの実現を目指して、2020年10月21日に第二種金融商品取引業登録を完了し、このたび融資型クラウドファンディングサービス「バンカーズ」が開始されました。

 

バンカーズの特徴として、ファンド資金の一部を商業手形割引でも運用することが挙げられます。

これは、他のソーシャルレンディングのファンドにはない仕組みとなっています。
ファンドの資金の一部を信用度の高い振出人の手形に限定して割り引くことにより、貸出先のリスクを分散する効果とファンドの運用利回りを高める可能性が追求されています。 

なお、株式会社バンカーズ・ホールディングの株主には、東証一部上場サイバーエージェント系のベンチャーキャピタル「CA Startups Internet Fund 2号投資事業有限責任組合」も名を連ねています。

→Bankers(バンカーズ)に無料会員登録
バンカーズ

 

バンカーズでは、3月31日まで、最大30万円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンが実施されています!

期間中の投資金額合計に応じて最大30万円分のAmazonギフト券がプレゼントされます!

f:id:socialen:20210218194516p:plain

f:id:socialen:20210218194621p:plain

ガチガチの手堅い担保で利回り的にはそれほど高くはありませんが、オープニングキャンペーン期間中は30万円以上の投資でギフト券がもらえますので、その分も考慮すると、利回り的にもお得になりますね。

→Bankers(バンカーズ)に無料会員登録
バンカーズ

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓