ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

初回30万円投資で3,000円キャッシュバック!
SAMURAI FUND

【3/24~】次回も大阪都心部自社開発物件が対象!

f:id:socialen:20220313205239p:plain

こんばんは!ソシャレン・不動産クラファンで約1億円運用中のSAITAMANです。

 

当ブログと限定タイアップにつき

合計4,000円相当プレゼント

【3/15まで先着500名様限定】

以下のリンク経由の投資家登録で、

Amazonギフト券2,000円分プレゼント!

COZUCHI

【3/31までに会員本登録】

以下のリンク経由の

参加登録+会員登録+メルマガ登録で、

楽天ポイント2,000円分プレゼント!

※バナーでは1,000円分と表記されていますが、

当ブログから3/31までの登録で2,000円分付与されます。

※詳細はバナー先でご確認ください。

バンカーズ

 

近畿圏では12年連続分譲マンション供給ランキングNo.1の東証一部上場企業グループが運営するプレファンが大人気となっています。

直近6号ファンドについては、過去最高1,312%の応募を集めました。

f:id:socialen:20220313200807p:plain

 

私も、1人あたり出資上限金額の100万円で投資申込しました。

f:id:socialen:20220303150501p:plain

 

本ファンドは、南海電鉄「難波」駅へも徒歩11分、関西国際空港に直結した玄関口であるOCATモールに近接した有利な立地の自社開発物件が対象となっています。

 

東証一部上場プレサンスコーポレーション (3254)が開発・管理する好立地物件が対象ということで、当然の高倍率抽選という感じですね。

→プレファン公式サイト
プレファン

 

この倍率では厳しいと考えるのが通常ですが、プレファンにはリンプルと同じく、部分当選があります。

しかも、リンプルより細かく割り振ってくれている感じですので、当選するチャンス大なんですよね。

 

私の場合は、過去2回100万円で応募して、どちらも12倍もの倍率でしたが、38万円と33万円の当選でした。

 

6号ファンドについては、初めて落選してしまいましたが、こうやって着々と運用額を積み上げることができるのは気分がいいですね。

f:id:socialen:20220313200444p:plain

 

以上のように、プレファンは、東証一部上場プレサンスコーポレーション (3254)が開発・管理する好立地物件が対象ということで、高倍率抽選となっていますが、部分当選がありますので、最初から諦めることなく応募してみる価値はめちゃくちゃありますよ!

※次回ファンドの募集開始は3/24から!

→プレファン公式サイト
プレファン

 

プレファンでは、サービス開始以降11月、12月、1月と各1ファンドずつの募集だったのが、2月は2本のファンドが募集されました。

そして、3月についても2本目のファンドが公開されています!

 

7号ファンドについても、JR大阪環状線「天満駅」徒歩2分、市営地下鉄堺筋線「扇町駅」徒歩3分、JR大阪環状線「大阪駅」1駅3分という好立地の自社開発物件が対象となっています。

f:id:socialen:20220313200726p:plain

 

この調子でどんどん自社物件を出していっていただけるとありがたいですね。

これだけの好立地物件ですが、利回りは4.71%と高い水準にあります。

 

単純に、他の上場企業運営不動産クラウドファンディングRimple(リンプル)Jointoα(ジョイントアルファ)property+(プロパティプラス)と比較しても高くなっています(キャンペーンファンドを除く)。

 

これまでの不動産クラファンの傾向を考えると、段々と利回りが低下していくサービスも多いため、こういう東証一部上場企業グループ運営サービスについては特に、早く投資を開始するに越したことはないと考えています。

※次回ファンドの募集開始は3/24から!

→プレファン公式サイト
プレファン

 

なお、プレファンでも、不動産投資型クラウドファンディングでは一般的な「優先劣後方式」が採用されています。

不動産の評価額が下落した場合の損失は、まずプレサンスリアルタ(劣後出資者)が負担します。それでも補えない場合のみ、投資家(優先出資者)の元本より負担が発生する仕組みになっています。

f:id:socialen:20220127174920p:plain

 

優先劣後割合はファンドごとに異なり、7号ファンドについては、優先出資90%、劣後出資10%となっています。

個人的には、この規模の募集であまりにも劣後出資比率が高いと、募集額が小さくなって投資できる可能性も低くなってしまいますので、これくらいの割合が丁度いいと思います。

f:id:socialen:20220313203344p:plain

 

私もプレファンでサービス開始初期から投資したいと考え、早速、会員登録しました。

10倍以上の高倍率抽選にはなっていますが、部分当選のおかげで投資することができています。

※次回ファンドの募集開始は3/24から!

→プレファン公式サイト
プレファン

 

プレファンの運営会社は、東証一部上場プレサンスコーポレーション (3254)グループの株式会社プレサンスリアルタです。

なお、プレサンスコーポレーションは、今年1月から純粋持株会社へ移行した東証一部上場オープンハウスグループ (3288)に入っています。

プレサンスコーポレーション単体でも時価総額は1,366億円もありますが、オープンハウスグループで見ると、時価総額は飯田グループホールディングス (3291)を上回る6,395億円になります(3月14日終値)。

 

プレサンスコーポレーションについては、株をやっていなくてもご存じの方が多いのではないでしょうか。

創業は1997年で、現在では、分譲マンション供給ランキング第1位(2020年)の実績を残すまでになっています。

近畿圏では12年連続首位を継続しています。

近畿圏で圧倒的首位なのは認識していましたが、全国で見てもトップを獲得したんですね(2021年は第3位)。

f:id:socialen:20220127170931p:plain

プレファンで募集されるファンドの対象物件についても、自社開発・販売・管理までを行なっているプレサンスマンションに特化しています。

 

私も、ここは是非、メイン投資先の一つに加えたいのですが、募集規模をみると今のところは、運営会社の認知度向上を図るためのクラウドファンディングという感じがしますので、安全性は高いものの高倍率抽選となることは覚悟して参加しました。

 

個人的には、募集ページに特に記載のなかった部分当選があったことは非常に大きいですね。

 

運営会社グループの規模からして、ここで組成される小型ファンドがどうにかなってしまう可能性は極めて低いのではないでしょうか。

→プレファン公式サイト
プレファン

 

プレファンへの会員登録方法は極めて簡単です。

本人確認書類があれば、申請自体は数分で完了します。

1.会員仮登録

まずは、メールアドレスを入力して本登録用のメールを受信します。

f:id:socialen:20220128042456p:plain

 

2.会員本登録

メール記載のURLをクリックして、住所、氏名、マイナンバー等必要事項を入力していきます。

f:id:socialen:20220128042951p:plain

 

3.本人確認書類提出等

会員本登録後、①マイページから追加の必要事項を入力、②各種書面への同意、③本人確認書類提出、④マイナンバーをアップロードすれば会員審査依頼ができます。

なお、オンラインでの本人確認にも対応しており、その場合は数分で完了します。

f:id:socialen:20220128043255p:plain

私の場合は、郵送による本人確認にしましたが、1月28日(金)に会員登録申請して、2月2日(水)に本人確認ハガキが届きました。

次回ファンドの募集期間は3月24日~4月1日ですので、郵送による本人確認でも間に合いますね。

→プレファン公式サイト
プレファン

こちらはアイフルグループ運営のソーシャルレンディング

→AGクラウドファンディング公式サイト
AGクラウドファンディング

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓