ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

<10/31まで>初めての投資で最大10万円キャッシュバック!
SAMURAI FUND

【えん】細かい変更がありましたね。

f:id:socialen:20220126134538p:plain

こんにちは!ソシャレン・不動産クラファンで約1億円運用中のSAITAMANです。

 

当ブログと限定タイアップ中につき

合計4,000円分プレゼント!

【8/31まで先着500名様限定】

当ブログのリンク経由の投資家登録で、

Amazonギフト券2,000円分プレゼント!

COZUCHI

アイフルグループが運営】

当ブログのリンク経由の会員登録で、

Amazonギフト券1,000円分プレゼント!

V-プリカ1,000円分プレゼント!

AGクラウドファンディング

 

福岡市の自社ブランドマンションを対象物件として人気のえんfundingにて、新規ファンドが公開されています!

 

 

ファンド名:えんfunding 第14号ファンド【祇園】

物件名:エンクレスト祇園

所在地:福岡市博多区冷泉町8-29

交通:地下鉄祇園駅 徒歩4分

予定分配率(年換算):3.6%

運用期間:12ヶ月

募集期間:2022年09月01日 09:00~2022年09月08日 23:59

出資総額:29,600,000円

優先出資金額:20,720,000円(70%)

劣後出資金額:8,880,000円(30%)

1口:1万円

最低投資口数:1口

投資可能上限口数:200口

募集方式:抽選式

※高い入居率の自社ブランドマンション対象で大人気!

→えんfunding公式サイト

 

利回りは3.6%まで下がりましたが、運用期間が6ヶ月→12ヶ月と長くなりました。

私の場合は、運用期間前後の資金滞留期間も考慮して投資していますので、実質利回り的にはそこまで下がったという感じはしません。

信頼度が高い事業者運営の場合は、6ヶ月運用よりも12ヶ月運用の方がありがたいです。

それよりも、毎回高倍率抽選になっているのに、投資上限口数が100口(100万円)→200口(200万円)になったのが何故?という感じですね。

 

あと、劣後出資(事業者出資)割合が20%→30%となりました。

発生した損失が劣後出資割合の範囲内であれば、優先出資者(投資家)へ償還される元本に影響が出ない仕組みですので、元本の保全性は高まったわけですが、個人的には、これまでの20%で十分なので募集額を増やしてほしいと思ってしまいますね。

 

 

本ファンドの募集期間は9月1日9時~9月8日23時59分(抽選方式)となっています。

私も、いつもどおり50万円で応募する予定です。

※高い入居率の自社ブランドマンション対象で大人気!

→えんfunding公式サイト

 

えんfundingで募集されている対象不動産は、株式会社えんホールディングスが福岡市内を中心に展開する自社ブランドマンションの一室です。

2021年度のエンクレストシリーズ平均入居率は99.47%となっています。

 

えんfundingは、昨年6月15日に開始されたばかりのサービスで、「福岡市」に特化した不動産クラウドファンディングですので、投資全体から見て、地域分散投資ができるというメリットもあります。

人口成長率については、国内主要経済圏で福岡市がトップで、この成長は2035年まで一貫して続くと見込まれています。

 

ちなみに、クラウドファンディング事業は昨年から開始されたばかりですが、運営会社には、ディベロッパーとしての実績は十分にあります。

 

えんfundingの運営会社は、1989年11月設立の株式会社えんホールディングスです。

創業30年を超える総合不動産ディベロッパーです。

f:id:socialen:20210902020427p:plain

会社名:株式会社えんホールディングス

所在地:福岡市博多区住吉3丁目12番1号 えん博多ビル

代表取締役: 原田 透

設立:平成元年11月

資本金:1億円

従業員数:221名(グループ全体 2021年4月1日現在)

事業内容:建築・開発・総合管理

※高い入居率の自社ブランドマンション対象で大人気!

→えんfunding公式サイト

 

えんホールディングスは、福岡におけるデザイナーズマンションの先駆者として、平成12年に自社ブランド「エンクレスト」を立ち上げ、その販売を軸に展開されてきました。

福岡県下の分譲マンション販売実績ランキングでは、投資型部門、実需型と投資型を合わせた総合部門ともに長年首位を堅持しているとのことです。

f:id:socialen:20210902023616p:plain

 

なお、えんホールディングスの最新の財務諸表によると、売上高98.4億円、営業利益6.8億円、経常利益7.1億円、純利益4.2億円、純資産43.2億円となっています。

利益剰余金も50.5億円あります。

過去3年分をみても、順調に利益が積み上がっていっていることが読み取れます。

 

公開されている財務諸表から判断すると、未上場企業のなかではかなり安定していると言えるのではないでしょうか。

※高い入居率の自社ブランドマンション対象で大人気!

→えんfunding公式サイト

 

最近は、高利回りの不動産クラウドファンディングサービスも増えてきましたが、実績十分の自社ブランドマンションが対象で地域分散投資もできるというのはいいですね。

 

私の場合は、えんfundingでは1ファンド50万円ずつ3号ファンドから全て応募していて、8号ファンドで当選することができました。

 

えんfundingへの登録方法については、『1. スマホで本人確認』か、『2. はがき郵送による本人確認』のいずれかの方法が選択できます。

f:id:socialen:20210902020822p:plain

 

スマートフォンを利用したオンライン認証(スマホで本人確認)は、2~3営業日での会員登録が可能とのことです。

登録住所への郵送による会員登録(はがき郵送による本人確認)は、1週間程度かかる場合があるとのことです。

※高い入居率の自社ブランドマンション対象で大人気!

→えんfundingに無料会員登録

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓