ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

初回30万円投資で3,000円キャッシュバック!
SAMURAI FUND

【出資者33人】さあ始まるよ!ロケットメイカーズの「事業投資型クラウドファンディング」

f:id:socialen:20190906201501j:plain
こんにちは!専業投資家歴16年目のSAITAMANです。

 

ついに19日から、新たな「事業投資型」クラウドファンディングサービスROCKET FUND(ロケットファンド)の初回ファンドの運用が開始されます!

 

未上場企業への無担保・無保証の事業応援ファンドですので、成功するかどうかは分かりませんが、私も10万円投資させていただきました。

ファンド情報の審査ポイントを読むと何となく成功してくれそうな感じもしますが、どうなるでしょうか。

f:id:socialen:20211016022804p:plain

 

初回ファンドということもあってか、申込人数は33人でした。

一人当たりの平均出資額は約30万円ということになりますね。

f:id:socialen:20211016024708p:plain

 

まだまだマイナーといいますか、ほとんど知られていないサービスに投資したことになるわけですが、10万円の少額投資ですので、普段は投資したことを忘れていられます。

そして、普段は忘れていられる額にもかかわらず、事業応援ファンドですので、何らかの報告があったときにはワクワクできていいのかなと思ったりしています。

こういうところが、少額から投資できる「事業投資型」クラウドファンディングの良いところではないでしょうか。

→ROCKET FUND(ロケットファンド)公式サイト
ROCKET FUND

 

初回ファンドは、「シェアサロン運営事業応援ファンド」です。

美容家の独立と成功を後押しする専門特化したシェア&レンタルサロン事業を展開する企業が営業者(株式会社BeautySpaceGlobal)となっています。

f:id:socialen:20211016023448p:plain

調達した資金については、営業者が新規出店(恵比寿店)するための不動産関連取得費用及び内装関連費用、備品その他に充当されます。

 

分配金については、5,158万円の売上目標まで到達すれば、年率5%ちょっとの利回りとなり、事業計画売上目標の5,916万円までいくペースであれば早期償還され利回りもアップするわけですが、正直、どこまでクリアできるかなんて個人的には分かりません・・・が、

①直営2店舗の顧客を開拓する際に策定したマーケティング戦略は「再現性」が高く、新規店舗・恵比寿店の顧客開拓にもそのまま応用することが可能

②直営2店舗の顧客開拓で集積した「潜在顧客リスト」も有効活用可能

③直営2店舗が、現在、満室状態を維持

という状況から判断すると、何となく売上目標はクリアしていただけそうな気がするのですが。

結局のところ、ロケットファンド審査メンバーの目利き力に期待ということになりますね。

f:id:socialen:20211005135248p:plain

 

本ファンドでは、1口10万円で、会計期間約3年1ヶ月、目標利率5%という条件ですが、1口単位で以下のいずれかの特典を選択することができます。

①オアシスリゾートスパ恵比寿店10,000円分の優待券

②Amazonギフト券10,000円分

→ROCKET FUND(ロケットファンド)公式サイト
ROCKET FUND

 

ロケットファンドを運営するのは、2019年8月に設立された株式会社ロケットメイカーズになります。

 

ロケットファンドが取り扱う事業投資型ファンドは、「事業計画の達成度合いによって分配や償還額が変動する」という特徴を持っています。

そのため、元本を毀損する可能性がある反面、新規事業が大きく成長すれば高い分配金を出すことが可能になります。

 

ロケットファンドの解説図が解りやすかったのでそのまま利用させていただきますが、投資型クラウドファンディングには不動産型、株式型、事業投資型(ファンド型)、融資・貸付型の4種類があります。

基本的な仕組みは寄付・購入型のクラウドファンディングと同じですが、投資型はリターンが金銭になりますので監督官庁への登録が必要になります。

f:id:socialen:20211002152757p:plain

→ROCKET FUND(ロケットファンド)公式サイト
ROCKET FUND

 

ロケットファンドが既存の事業投資型クラウドファンディングと異なる点は、「企業に対して、営業力・経営力強化の指南を行い、事業性評価を行ったうえでプロジェクトを組成する」というところで、相手企業の中にまで入って収益力を高める施策を同時に打つことです。

f:id:socialen:20211002155255p:plain

 

私も株式投資を開始して20年以上、専業投資家となって16年目になり株式市場ではそれなりの利益をあげてきましたが、未上場企業への投資判断は難しいものがあります。

というか、親族の経営する企業への資金提供と趣味で飲食店のオーナーをしているくらいで、「事業投資」については素人同然です。

 

「事業投資型」クラウドファンディング・・・この仕組みは、事業を審査するメンバーが非常に重要になってきますよね。

この点、当然のことではありますが、ロケットファンドでは、事業投資や金融分野で経験豊富なメンバーが入って、企業に対して、営業力・経営力強化の指南を行い、事業性評価を行ないます。

f:id:socialen:20211002153442p:plain

本ブログで取り扱っているのは、主に融資型・不動産型クラウドファンディングですが、事業を審査する経営陣がしっかりしてそうなサービスですので、早速、初回ファンドから登録→投資させていただきました。

→ROCKET FUNDに無料投資家登録
ROCKET FUND

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓