ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

<10/31まで>初めての投資で最大10万円キャッシュバック!
SAMURAI FUND

【驚愕のWARASHIBE】次は利回り12%&劣後出資39%ですって!?

f:id:socialen:20210402201404p:plain

こんばんは!不動産クラウドファンディング投資家のSAITAMANです。

 

人気の不動産投資型クラウドファンディングサービスWARASHIBEから、利回り12%ファンド(内訳:インカムゲイン3%、キャピタルゲイン9%)の募集が開始されました!

私はすでに会員登録済みですが、抽選期間が2021年4月28日13:00までありますので、今から申込みされても十分間に合います。

f:id:socialen:20210402200824p:plain

→WARASHIBEに無料会員登録
WARASHIBE

 

本ファンドは事前に先行募集が行われたため、一般募集での募集金額は4,500万円となっています。 

高利回りが狙える理由は、物件が都市計画施設の整備予定エリア内にあり、将来的に収用される可能性があるためということです。

なお、本物件は、2〜3年後の用地収用ではなく、将来の価値上昇を見据えた形での早期売却を予定しているとのことです。

 

同時募集されている「神奈川県 武蔵新城Ⅰ」の条件は、

①運用期間6か月

②予定分配率10%(インカムゲイン3.5%+キャピタルゲイン6.5%)

③優先劣後出資比率(優先34.9%:劣後65.1%)

④社宅としてIT系の東証1部上場企業企業との一括契約

⑤企業が退去を望んでも1ヵ月に1部屋しか退去できない契約(本ファンドの運用中には最大でも6/46戸(約13%)の空室しか発生しない)

 

「練馬区 武蔵関Ⅰ」の条件は、

①運用期間6か月

②予定分配率12%(インカムゲイン3%+キャピタルゲイン9%)

③優先劣後出資比率(優先61.1%:劣後38.9%)

④都市計画施設の整備予定エリア内にあり、将来的に収用される可能性がある

⑤キャピタルゲインは9〜17%が狙える

 

今回の「練馬区 武蔵関Ⅰ」の方が、事業者の目利き力が試される案件ですが、その分高利回りが狙える内容になっていますね。

募集期間は4/2 18:30~4/28 13:004月22日13:00となっています。

→WARASHIBE公式サイト
WARASHIBE 

 

WARASHIBEの本登録申請までは極めて簡単です。

 

1.仮登録

まずは、氏名、メールアドレス等を入力して本登録用のメールを受信します。

f:id:socialen:20210308193341p:plain

 

2.出資者情報入力

メールを受信したら、本登録用のURLをクリックして、出資者情報を入力します。

ここも指示通りに基本情報を入力していくだけです。

f:id:socialen:20210308193114j:plain


3.本人確認書面提出

以下の本人確認書面のうちいずれか2点をアップロードして申請は完了です。

【顔写真付き本人確認書面(1点は必須です。)】
•運転免許証
※住所変更がある方は裏面も必須。
•旅券(パスポート)
※顔写真掲載ページ・住所記載ページの2ページが必須。
※2020年2月以降に発行したものを除く。
•マイナンバーカード
※裏面は不要。
•在留カード 
※表裏面どちらも必須。
•特別永住者証明書 
※表裏面どちらも必須。

【顔写真なし本人確認書面】
•各種健康保険証
※表裏面どちらも必須。(裏面に現住所の記載のあるものが必要です。)
•各種年金手帳
•各種福祉手帳
•児童扶養手当証書
•特別児童扶養手当証書
•住民票、住民票記載事項証明書 ※6カ月以内に作成されたもの

 

これであとは審査を待って、本人確認ハガキ(本パスワード記載)を受領してログインするだけです。

→WARASHIBEに無料会員登録
WARASHIBE

 

不動産投資型クラウドファンディングサービスでは、「不動産のプロが厳選」「優先劣後出資」はもはや当然のような感じですが、WARASHIBEは、運用期間中の途中換金が可能という画期的なサービスになっています!

 

手続き完了後、原則として翌月に換金するということです(事務手数料は必要)。

途中換金が可能というのは、サービスに対する自信の現れでもあると思うんですよね。

f:id:socialen:20210301231610p:plain 

→WARASHIBE公式サイト
WARASHIBE

 

WARASHIBEの運営会社は、1999年創業の株式会社SATASです。

不動産特定共同事業の黎明期より同事業に参入する企業の免許取得サポートや、運用アドバイザーとして事業を展開し、2008年にはオリジナルブランド「ゆうゆう倶楽部」の販売・運用が開始されました。

同時にさまざまな不動産の取得、売却、リフォーム、仲介などに携わり、多岐にわたるノウハウが蓄積されてきました。

そして2019年、不動産特定共同事業開始から10年を経て、インターネットを活用した不動産小口化投資商品を再設計し、不動産投資をより手軽に、より親しみやすく、より多くの投資家の皆様にご利用頂ける新たな商品「WARASHIBE」の運用が開始されました。

 

ご存じの方も多いと思いますが、不動産投資型クラウドファンディングサービスは知名度が上がると、投資家の需要に案件供給が追い付かなくなり投資しづらくなる傾向がありますので、私も早速会員登録させていただきました。

→WARASHIBE公式サイト

WARASHIBE

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓