ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【maneoマーケット】債権者破産申立てと訴訟手続の中断の上申予定【グリーンインフラレンディング】

f:id:socialen:20191221020051j:plain

こんばんは!ソーシャルレンディング投資歴10年目のSAITAMANです。

 

私の10年間にもおよぶソーシャルレンディング投資生活のなかで、唯一返済遅延となっている「グリーンインフラレンディング」事案。

ついに、maneoマーケットが、グリーンインフラレンディングに対して債権者破産申立てを行ないました。

投資家様へ

投資家の皆様には、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は、延滞営業者のグリーンインフラレンディングに対し、
令和3年3月8日東京地方裁判所に債権者破産申立てを行い、
同時に保全管理命令の申立てならびに包括的禁止命令の申立てを行いました。

詳細につきましては、
以下よりご確認くださいますようお願い申し上げます。

▼営業者グリーンインフラレンディングに対する債権者破産申立てに関するお知らせ
https://www.greeninfra.jp/material/fund/news/20210312_m.pdf

maneoマーケット株式会社

「株式会社グリーンインフラレンディング保全管理人のページ」も設けられましたが、出資者限定ページ(パスワードあり)ですので、ここで全文を転載することは控えさせていただきます。

どうせ近いうちに、怒り心頭の出資者によって、掲示板等に転載されることになるのでしょうが(笑)

 

なお、具体的な事件番号の記載は控えますが、訴訟手続の中断の上申がされるようです。

本破産手続開始申立事件の申立書によれば、GIL を当事者とする訴訟が複数係属していますが、破産法上、GIL を当事者とする GIL の財産に関する訴訟手続は、保全管理命令の発令により中断します(破産法第96条第2項第1号、第44条第1項)。
本破産手続開始申立事件の申立書によると、GIL を被告として以下の訴訟が係属中とのことであり、当職は、今後、これらの訴訟に関し、訴訟手続の中断の上申をする予定です。もっとも、GIL 以外にも被告がいる場合には、その被告との関係では訴訟手続が進行する可能性がありますので、GIL を被告として訴訟を提起されている方は、今後の訴訟手続について、訴訟手続を依頼されている弁護士等にご確認ください。

 

少額しか投資していない自分に何のメリットがあるのかさっぱり分からないので、債権者破産申立てには参加しませんでしたが、JCサービス・グリーンインフラレンディングに財産が残っていないのであれば、いつまでも損失が確定しないよりは、前に進める方がマシかもしれません。

訴訟手続が中断されることになれば、すでに損害賠償請求訴訟を提起されている方への影響はあるかもしれません。

さて、一部のファンドについて4月返済が確定したとしているJCサービスからは、今後、何らかの発表があるのでしょうか。

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓