ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【途中換金可能!?】「WARASHIBE」で新たに投資を開始します!

f:id:socialen:20200728183236j:plain

こんばんは!不動産クラウドファンディング投資家のSAITAMANです。

 

途中換金可能!?

内容も確認させていただきましたが、なかなか良さそうなサービスです。

新たに、人気の不動産投資型クラウドファンディングサービスでの運用を開始します!

 

サービス名:WARASHIBE

 

「不動産のプロが厳選」「優先劣後出資」はもはや不動産投資型クラウドファンディングサービスでは当然のような感じですが、WARASHIBEは、運用期間中の途中換金が可能という画期的なサービスになっています!

手続き完了後、原則として翌月に換金するということです(事務手数料は必要)。

途中換金が可能というのは、サービスに対する自信の現れでもあると思うんですよね。

f:id:socialen:20210301231610p:plain

→WARASHIBE公式サイト
WARASHIBE

 

案件についても、会員登録がまだですので、全てをチェックできるわけではありませんが、なかなかの好立地な物件が提供されています。

f:id:socialen:20210301230707p:plain

直近で募集されたファンドを見てみますと、「世田谷区 経堂Ⅱ」は、築古物件ではあるものの、「路線価」が5年間上昇し続けているエリアに所在するマンション一棟が対象で利回り4.5%、「TOKYOマンション7区分ファンド」はその名のとおり区分マンション7戸1ファンドでリスク分散されていて利回り4.5%、「神奈川県 茅ヶ崎Ⅰ」は、6階建マンションの1階部分(セブンイレブン入居中)を投資対象として6%の高利回りとなっていますね。

物件画像、所在地、空室率、物件収支など、物件情報も詳しく開示されていて、この点では、かなり信頼できる事業者であると感じました。

1口出資額も案件ごとに異なり、今後もバリエーションに富んだ案件を提供してくれそうです。

→WARASHIBE公式サイト
WARASHIBE

 

WARASHIBEの運営会社は、1999年創業の株式会社SATASです。

不動産特定共同事業の黎明期より同事業に参入する企業の免許取得サポートや、運用アドバイザーとして事業を展開し、2008年にはオリジナルブランド「ゆうゆう倶楽部」の販売・運用が開始されました。

同時にさまざまな不動産の取得、売却、リフォーム、仲介などに携わり、多岐にわたるノウハウが蓄積されてきました。

そして2019年、不動産特定共同事業開始から10年を経て、インターネットを活用した不動産小口化投資商品を再設計し、不動産投資をより手軽に、より親しみやすく、より多くの投資家の皆様にご利用頂ける新たな商品「WARASHIBE」の運用が開始されました。

 

ご存じの方も多いと思いますが、不動産投資型クラウドファンディングサービスは知名度が上がると、投資家の需要に案件供給が追い付かなくなり投資しづらくなる傾向がありますので、私も早速口座開設させていただきます。

いや・・・ここは既に人気化しているようなので、ちょっと出遅れたかな(笑)

→WARASHIBE公式サイト

WARASHIBE

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓