ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【クラウドクレジット】円建てファンド×2本に投資しました!

f:id:socialen:20210110231228j:plain

おはようございます!ソーシャルレンディング投資歴10年目のサイタマンです。

 

本日、クラウドクレジット「円建てファンド×2本」に投資させていただきました。

貸付先は同じでも、運用期間の違うファンドを用意してあるのは、時間分散の観点からありがたいですね。

f:id:socialen:20210112021513p:plain

「先進国通貨パッケージ(円重視タイプ)」を利用するという方法もありますが、私の場合は、「【円建て】東欧金融事業者支援ファンド」への時間分散投資+その他で投資しています。

こちらのファンドシリーズは償還実績が多くあり、融資先にそれなりの実績もあり、デフォルトリスクは比較的低そうだと判断しています。

事業展開しているのは新興国が主(ポーランド、ラトビア、チェコ、デンマーク、ジョージア、スペイン、メキシコ)ですので、今後どうなるかは分かりませんが、個人向け貸付けを行う金融事業者として創業以来順調に業績を伸ばしているようですので、比較的安定はしていると見ています。

→クラウドクレジット公式サイト  

 

私のここまでのクラウドクレジットでの成績は、為替差損を運用益でカバーするかたちでプラス収支(元金50万円+2万8,894円(税引後))となっています。

もっと高利回りを狙おうと思えば狙えるのかもしれませんが、私の場合は、クラウドクレジットでは比較的低利回りの「東欧金融事業者支援ファンド」の円建て中心に回しています。

半分以上がこのシリーズへの投資ですので、こうしてみますと偏りがすごいですね(笑)

f:id:socialen:20210112022534p:plain

 

当然のことながら、通貨別でも円建てが中心となっています。

f:id:socialen:20210112022817p:plain


円建て中心の運用ですので、割合は少ないですが、運用開始時と比べると外貨建てのファンドが円高に振れていますので、当面の間は為替差損を運用益でカバーするような成績が続くと思います。

もちろん、運用開始時より円安になれば、表面利回りを上回るリターンが見込めることになります。

こういう為替差損を受け入れられない方は、クラウドクレジットでの投資には向かないかもしれません。

 

円建てのみで投資しても良いのですが、個人的には、多少は外貨建てで分散投資しないと面白くありませんので、為替差損の影響を受けてしまうのは仕方がないものと考えて投資しています。

→クラウドクレジット公式サイト

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓