ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【勝負!】来週は東証一部上場企業系2案件に投資予定

f:id:socialen:20200727185856j:plain

こんにちは!融資型・投資型クラウドファンディングで約4,000万円運用しているサイタマンです。

 

来月末までに、 Rimple(リンプル)から500万円が償還される予定ですので、一時的に投資額が基準としている4,000万円を超えてしまうことになりますが、同じく東証一部上場企業が運営に関わるサービスに先手を打つかたちで投資していきたいと思います。

 

来週は、 東証一部上場企業運営の2サービスに投資できればと考えています。

 

まずは、穴吹興産が運営するJointoα(ジョイントアルファ)の区分所有案件。

募集開始は10月19日12時からとなっていますので、今から口座開設申込された場合、ギリギリ間に合うかもしれませんが、いずれにせよ激しいクリック合戦(募集枠の奪い合い)が待ち構えています。

→Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイト
Jointoα(ジョイントアルファ)

f:id:socialen:20201005164134p:plain

【アルファアセットファンド学芸大学】
・物件名:アールヴェール学芸大学103
・所在地:世田谷区野沢3丁目30-15
・募集金額:32,900,000円
・予定利回り(年利):3.2%
・運用期間:12ヶ月(2020/11/01~2021/10/31)
・投資単位:1口10万円
・上限投資金額:100万円
・募集期間:2020年10月19日 12:00~2020年10月21日 23:59

→Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイト
Jointoα(ジョイントアルファ)

 

他の不動産投資型クラウドファンディングの対象不動産が首都圏に集中しているのに対して、ジョイントアルファの対象不動産は、西日本を中心に地方都市にも広がっていますが、今回は東京23区内の区分所有物件となっています。 

f:id:socialen:20201005164555p:plain

今回の案件もこれまでと同じく、あなぶき興産による30%の劣後出資がされますので、プロジェクト終了時に30%までの価格下落であれば、投資家の元本は毀損しないことになります。

あなぶき興産の財務状況をみても、12ヶ月やそこらで倒産やそれに準ずる状況になるとは到底考えられません。

また、分配原資は賃料収入から(インカム型)というのも分配の確実性という意味では高いものがあると思います。

f:id:socialen:20201005164731p:plain

 

これは是非とも投資しておきたい案件ですが、何せ募集額がわずか3千万円ちょっと。

前回区分所有案件よりは1千万円ほど多くなっているとはいえ、瞬間蒸発は確実でしょう。

上限投資金額が設定されているとはいえ、100万円では厳しいですね。 

現在のところ、ジョイントアルファでは4案件で合計250万円運用中ですが、今回も50万円以上の額でクリック合戦に参戦したいと考えています。  

f:id:socialen:20200904211222p:plain→Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイト
Jointoα(ジョイントアルファ) 

 

次に投資したいのは、同じく東証一部上場企業2社が運営に関わるbitREALTY(ビットリアルティ)。

ビットリアルティ株式会社はケネディクスと野村総合研究所が設立した会社になります。

今回募集される案件は、bitREALTYでは初めてとなる商業施設の不動産担保ローンを投資対象とするファンドとなります。

募集開始は10月21日12時からとなっていますが、募集額が3億130万円(募集上限額3億6,130万円)と比較的大きいため、投資チャンスなのではないでしょうか。

ただし、最低投資金額は50万円からとややハードルは高くなっています。

f:id:socialen:20201015162217p:plain

本物件は、東急東横線の綱島駅と日吉駅の中間に位置する次世代都市型スマートシティ「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」の商業施設として2018年3月に開業した「アピタテラス横浜綱島」となります。

本物件の不動産信託受益権を保有するSPC(合同会社RF3)に対するジュニアローンの一部を、ビットリアルティが組成するSPC(合同会社BRD1)で取得します。 投資家は、このSPC(合同会社BRD1)への匿名組合出資を通じて、本物件の不動産担保ローン債権への投資を行う仕組みになっていて、分類としては、ソーシャルレンディングサービスになります。

f:id:socialen:20201015162632p:plain

ケネディクスは、1995年に設立された受託資産残高(AUM)2兆4,931億円(2020年6月末時点)の不動産アセットマネジメント業界における独立系最大手プレイヤーです。

なお、リーマンショック以降、AUMは順調に拡大し、コロナ禍にあっても着実に増加しています。

単体ベースでの貸借対照表を確認しましても、自己資本比率は81%と財務は健全です。

f:id:socialen:20201015161354p:plain

(出典:ケネディクス株式会社 2020年12月期第2四半期 決算説明資料)

 

融資型・投資型クラウドファンディングについては、「案件リスクよりも事業者リスクの検討が重要」と何度も書かせていただいていますが、ジョイントアルファとビットリアルティについては、事業者リスクは極めて低いと考えています。  

 【上場企業系クラウドファンディング】

→J.LENDING(ジェイレンディング)公式サイト

→Rimple(リンプル)公式サイト
Rimple(リンプル)

→A funding(エー・ファンディング)公式サイト

 →Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイト
Jointoα(ジョイントアルファ)

→CRE Funding公式サイト
CRE Funding

 →SAMURAI FUND公式サイト

SAMURAI FUND

  ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓