ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【初号案件は高利回り!】東証マザーズ上場企業運営の「A funding(エー・ファンディング)」登場!

【PR】

f:id:socialen:20200213222758j:plain

こんばんは!不動産投資型クラウドファンディングで超分散投資をしているサイタマンです。

 

新たに運営主体として信頼できそうな、上場企業系の不動産投資型クラウドファンディングサービスが登場しました!

 

サービス名:A funding(エー・ファンディング)

 

運営会社は東証マザーズ上場の「株式会社AMBITION」です。

f:id:socialen:20200213213452j:plain

設立は2007年9月で、プロパティマネジメント事業を主力とし、その他不動産関連事業を多数手掛けている会社です。

プロパティマネジメント事業を主力とする上場企業ですので、それなりの実績があるのは当然のことですが、2019年6月末時点で1万戸以上の不動産を管理しています。

 

2020年6月期上期業績は、粗利益率の高い自社開発物件の引き渡しが第3四半期に期ずれしたため、利益面全般で下方修正されましたが、主力のプロパティマネジメント事業については好調に推移しています。

→A funding(エー・ファンディング)公式サイト

 

A fundingでは1月14日のサイトオープン同日に第1号案件の募集が開始がされましたが、こちらはすでに満額成立しています。

運用期間6ヶ月、利回り6%というのは、サービス開始直後のボーナス利回り的なものかどうかは分かりませんが、高い利回り水準だと思います。

そして、現在は、第2号案件の募集開始を待っている状況です。

f:id:socialen:20200213214346j:plain

→A funding(エー・ファンディング)公式サイト

 

最低投資額は1万円からと少額投資が可能で、第1号案件では、上場企業である株式会社AMBITIONによる30%の「劣後出資」もされましたので、第2号案件も、6%に比べてよほど低い利回りが提示されない限り間違いなく人気化するでしょう。 

f:id:socialen:20200213220441j:plain

 

不動産投資型クラウドファンディングサービスは知名度が上がると、投資家の需要に案件供給が追い付かなくなり投資しづらくなる傾向がありますので、私も早速口座開設して第2号案件から狙ってみたいと思います。

第1号案件はサービス開始と同時に募集ということで、当然ゆっくりとした集まりとなりましたが、第2号案件については、同水準の利回りであれば、早期完売となってしまうかもしれません。


【口座開設リンク】

Rimple(リンプル)
Rimple(リンプル)
CRE Funding
CRE Funding
A funding

CrowdRealty

SYLA FUNDING
SYLA FUNDING
CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners
Jointoα(ジョイントアルファ)
Jointoα(ジョイントアルファ)
SAMURAI証券
SAMURAI証券 
Funds
Funds
CREAL
CREAL
クラウドバンク
クラウドバンク