ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

専業投資家です。あらゆる分野に手を出しています。

【株価も絶好調!】穴吹興産が運営するジョイントアルファ(Jointo α)で今月15日に募集枠争奪戦あり!

f:id:socialen:20200106163038j:plain

こんにちは!不動産投資型クラウドファンディングで超分散投資をしているサイタマンです。

 

今月15日にJointoα(ジョイントアルファ)募集枠争奪クリック合戦がありますが、運営会社の穴吹興産の株価が急騰しています。

まあその理由は、2020年6月期は営業微増益が予想されていて、第1四半期決算を読んでも業績は堅調といった感じなのですが、3,000円相当の自社関連商品(讃岐うどんセット等)がもらえる優待が新設されたからなんですけどね(笑)

私は優待新設発表に気付かず飛び乗れませんでした(笑)

もう少し株価が落ちてくることがあれば拾ってみるかもしれません。

f:id:socialen:20200106160141j:plain

不動産投資型クラウドファンディングでは小口分散投資が可能ですので、資金を分けて投資していますが、もし大金を入れるなら現状では業績堅調な東証一部上場企業が運営するジョイントアルファにすると思います。

→Jointoα(ジョイントアルファ)無料投資家登録
Jointoα(ジョイントアルファ)

 

そんなジョイントアルファのクリック合戦案件内容は下記のとおりです。

【1月15日12時実施予定クリック合戦案件内容】 

 ・案件名:アルファアセットファンド京都祇園第2回
・募集金額:2,170万円
・予定利回り(年利):3.8%
・運用期間:2020年02月01日~2020年07月31日
・最小投資金額:1口10万円
・募集期間:2020年1月15日12時 〜

 

前回までは一人につき500万円までの投資上限金額が設定されていましたが、今回から一人につき100万円(10口)までの投資上限金額に変更されています。

私は、今回はMAX100万円で参戦させていただく予定です。

 

対象物件は「プレサンス祇園宮川町」の一室で、「阪急河原町駅」徒歩4分と好立地にあります。

f:id:socialen:20191215180127j:plain

 今回の案件は、穴吹興産が貸主、日本ネットワークサービスが借主となり、個人に転貸する形態になっています。

今回も、穴吹興産が30%の劣後出資を行ないます。

f:id:socialen:20191215181540j:plain

分配原資は賃料収入になりますが、日本ネットワークサービスと個人との間で2020年12月19日までの賃貸借契約が締結されています。

また、元本償還は物件の売却代金を原資として行われますが、30%までの価格下落であれば、投資家の元本は毀損しません。

 

皆さん、このファンドをご覧になって安全性の高いファンドだとお思いになりませんか?

個人的には、かなりおすすめできるファンドだと思います。

→Jointoα(ジョイントアルファ)無料投資家登録
Jointoα(ジョイントアルファ)

 

穴吹興産は1964年創業の不動産事業者で、1984年には不動産分譲事業に進出し、2004年には大証二部に株式上場、2013年には東証と大証の現物市場の統合に伴い、東証一部上場となっています。

なお、穴吹興産は四国のマンション分譲トップクラスで、子会社として人材派遣のクリエアナブキ (4336)は上場しており、介護施設、ホテル運営も手掛けています。 

 

8月9日発表の2019年6月期決算(連結)では、売上高996.7億円、当期純利益33.9億円、営業利益60.9億円、経常利益も57.8億円、対前期増減率全て2期連続10%増以上とどこを取っても好業績となっています。 

f:id:socialen:20190928212826j:plain

 (出所:穴吹興産株式会社2019年6月期決算短信)

 

自己資本も254億円(2020年6月期第1四半期決算)ありますので、現時点で穴吹興産が倒産やそれに準ずる状況になるリスクは極めて低いものと判断しています。

 

なお、2020年6月期は、営業微増益が予想されています。

f:id:socialen:20200106155241j:plain

 (出所:穴吹興産株式会社2020年6月期第1四半期決算短信)

 

もちろん、リーマンショックの影響もあった2008年には、上場企業であっても45社も倒産してしまいましたから世の中何があるかは分かりませんが、現時点で穴吹興産が危険だと言い出したら、不動産投資型クラウドファンディングでは投資先がほぼなくなってしまうような気がします。 

 

融資型・投資型クラウドファンディングについては、「案件リスクよりも事業者リスクの検討が重要」と何度も書かせていただいていますが、穴吹興産が運営するJointo αについては、事業者リスクは極めて低いと考えています。

→Jointoα(ジョイントアルファ)無料投資家登録
Jointoα(ジョイントアルファ)

 

なお、他の不動産投資型クラウドファンディングの対象不動産が首都圏に集中しているのに対して、Jointoα(ジョイントアルファ) 対象不動産は、大阪、京都、福岡、高松etcと西日本を中心に地方都市にも広がっています。

また、他の不動産投資型クラウドファンディングサービスでも優先/劣後出資方式が採用されていますが、Jointo αの劣後出資の割合は30%と、不動産投資型クラウドファンディングのなかでは最大となっています。

優先出資者である投資家の出資元本のリスクの低減は高いレベルで図られていると思います。 

f:id:socialen:20191215185035j:plain

 

以上のように、 Jointoα(ジョイントアルファ) は間違いなくおすすめ事業者なのですが、一つだけ難点が・・・
Jointo αは、クリック合戦(応募枠の奪い合い)が激化することが予想されます。

同じ不動産投資型クラウドファンディングサービスのCREAL(クリアル)であれば、マンション一棟やホテルを対象とする大型案件、FANTAS funding であれば、複数案件同時募集により確実に投資できる案件はあるのですが、Jointo αは区分所有一案件ずつの募集になりますので、投資したくてもなかなか投資できないかもしれません。 

f:id:socialen:20191215190346j:plain

私の場合は、前回、前々回の募集時は何とか投資できましたが、認知度も向上しているでしょうし、今回は2,170万円の募集枠ですので、激しい戦いになりそうです。

 →Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイト
Jointoα(ジョイントアルファ)

 ※私は現在のところ、Jointo αには100万円投資させていただいていますが、 元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。

ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓