ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

【激戦確実!】ジョイントアルファ(Jointo α)の口座開設は間に合うでしょうが・・・

f:id:socialen:20191106200751j:plain

こんばんは!不動産投資型クラウドファンディングで超分散投資をしているサイタマンです。

 

運営会社の高い信頼性から大人気となっている Jointoα(ジョイントアルファ) のクリック合戦が、来週11月13日の12時から開催されます。

今から口座開設申込みすれば募集開始には間に合うでしょうが、投資できる確率はかなり低いという点は覚悟しておいた方が良いかもしれません。

現在は、募集額に対して応募額が多過ぎる状況になっています。

→Jointoα(ジョイントアルファ)口座開設リンク
Jointoα(ジョイントアルファ)

 

私の場合は、前回案件については募集開始時間にPC前待機して約5分間クルクルクルクルと格闘した末に何とか投資できましたが、今回はさらに激戦が予想されます。 

f:id:socialen:20191009170301j:plain

 

今回のファンドは「アルファアセットファンド豊洲タワー」になります。

f:id:socialen:20191009171156j:plain

 前回募集の「アルファアセットファンド大阪天王寺」の立地条件も良かったですが、「アルファアセットファンド豊洲タワー」も、対象物件はららぽーと豊洲に直結の人気の湾岸エリアのタワーマンション「アーバンドックパークシティ豊洲 タワーA」の1室(53階建の25階部分)ということで、これまた良さげです。

築12年で床面積87.76㎡で物件価格6,800万円というのは、私などは住居として使用するという前提であればとても手が出せませんが、アッパーマス層の子育て世帯には人気がありそうな物件です。

 

予定利回りは3.4%と前回よりやや低くなっていて、募集額は4,760万円と今回よりは多くなっていますが、確実に瞬間蒸発します。

これは言い切ってしまっても大丈夫でしょう。

「出資上限金額はお一人様500万円まで」ということで、大口が入ってきてしまえば競争は激しさを増しそうですしね・・・・

→Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイト
Jointoα(ジョイントアルファ)

 

ジョイントアルファは今年から始まった不動産特定共同事業法に基づく不動産投資型クラウドファンディングサービスですが、運営会社は東証一部上場の穴吹興産になります。

 

そして、運営会社の穴吹興産の業績は良好です!

穴吹興産は1964年創業の不動産事業者で、1984年には不動産分譲事業に進出し、2004年には大証二部に株式上場、2013年には東証と大証の現物市場の統合に伴い、東証一部上場となっています。

また、四国のマンション分譲トップクラスでもあり、子会社として人材派遣のクリエアナブキ (4336)は上場しており、介護施設、ホテル運営も手掛けています。 

 

8月9日発表の2019年6月期決算(連結)では、売上高996.7億円、当期純利益33.9億円、営業利益60.9億円、経常利益も57.8億円、対前期増減率全て2期連続10%増以上とどこを取っても好業績となっています。 

f:id:socialen:20190928212826j:plain

 (出典:穴吹興産株式会社2019年6月期決算短信)

 

自己資本も224億円ありますので、現時点で穴吹興産が倒産やそれに準ずる状況になるリスクは極めて低いものと判断しています。

 

もちろん、リーマンショックの影響もあった2008年には、上場企業であっても45社も倒産してしまいましたから世の中何があるかは分かりませんが、現時点で穴吹興産が危険だと言い出したら、不動産投資型クラウドファンディングでは投資先がほぼなくなってしまうような気がします。 

 

融資型・投資型クラウドファンディングについては、「案件リスクよりも事業者リスクの検討が重要」と何度も書かせていただいていますが、穴吹興産が運営するJointo αについては、事業者リスクは極めて低いと考えています。

→Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイト
Jointoα(ジョイントアルファ)

 

他の不動産投資型クラウドファンディングの対象不動産が首都圏に集中しているのに対して、Jointoα(ジョイントアルファ) 対象不動産は、大阪、京都、福岡、高松etcと西日本を中心に地方都市にも広がっています。

なお、他の不動産投資型クラウドファンディングサービスでも優先/劣後出資方式が採用されていますが、Jointo αの劣後出資の割合は30%と、不動産投資型クラウドファンディングのなかでは最大となっています。

優先出資者である投資家の出資元本のリスクの低減は高いレベルで図られていると思います。 

f:id:socialen:20190927213743j:plain

私も前回50万円投資させていただきましたが、この東証一部上場企業が運営するJointo αは今後、有力な投資先の一つになってくることは間違いありません。

→Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイト
Jointoα(ジョイントアルファ)

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓



【クラウドファンディング口座開設リンク】

CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners
Jointoα(ジョイントアルファ)
Jointoα(ジョイントアルファ)
SAMURAI証券
SAMURAI証券
COOL
COOL
Funds
Funds
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
OwnersBook
OwnersBook
CREAL
CREAL
FANTAS funding
FANTAS funding
クラウドバンク
クラウドバンク
クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX
Pocket Funding
Pocket Funding

※上記は全て管理人が実際に利用している事業者ですが、元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。