ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

スマートレンドさん本当にありがとうございました!

こんにちは!ソーシャルレンディング投資家のサイタマンです。

 

本日、スマートレンドから先日貸付先から返済のあった1,000万円+利息が実際に口座に分配されました。

これでmaneoマーケットに現在投資している全額がデフォルトしたとしてもプラス収支で乗り切れることが確定しました(もちろん全額デフォルトするなどとは全く思っていませんが)。

グリーンインフラレンディングで資金が拘束されてしまっていますので、maneoマーケット利用事業者への投資はどうしても慎重になってしまいますが、迷いながらもスマートレンドの年二回の超短期案件には大金を投資して良かったです。

maneoマーケットのなかにも、きちんと運用して利益をもたらしてくださる事業者もあるわけです。

スマートレンドさん本当にありがとうございましたm(__)m

 

あとは、maneo54万、LC68万、スマートレンド20万、プレリート30万、グリーンインフラ73万の合計245万円がmaneoマーケットには残っていますが、maneoマーケット全体ではプラス収支が確定しましたので、気分的にはかなり楽になりました。

maneoマーケット全体でみると、返済遅延が相次ぎ散々な状況だと言わざるを得ませんが、まだまだきちんと運用してくださっている事業者の方が多いわけで、期限の利益喪失もさせていない事業者まで批判するのはおかしいですね。

もちろん、maneoマーケットが募集事業者としての説明責任をほとんど果たしていないことは批判されるべきですが、きちんと運用している利用事業者まで今後、返済遅延が起こる可能性が高いなどと言い切ってしまうのはどうかと思います。

私のブログでは今後も、実際に期限の利益を喪失させてしまった事業者で、かつ、その後の対応がおかしい場合のみ批判的に書かせていただきたいと考えています(maneoマーケット、グリーンインフラレンディング、ガイアファンディング、キャッシュフローファイナンスは明らかに期失後の対応がおかしいと思いましたので批判的に書かせていただきました)。

明確な根拠があって批判するのは構わないと思うのですが、憶測のみで今度はこの事業者が危ないなどと書き立てるのはどうかと思いますので・・・

私は、maneoマーケットから納得できる運営方針の説明があるまでは、maneoマーケットへの新規資金を投入しての投資は休止させていただきますが、すべてのmaneoマーケット利用事業者が投資不適格であるなどとは全く思っていません。

 

ソシャレンブログ的には償還金はガンガン再投資に回して運用していった方が面白いのでしょうが、今回のスマートレンドからの償還金はソーシャルレンディングには再投資せず、証券口座に移動させていただきます。

ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓


【口座開設リンク】

Funds(ファンズ)
Funds
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
OwnersBook(オーナーズブック)
OwnersBook
CREAL(クリアル)
CREAL
Crowd Bank(クラウドバンク)
クラウドバンク
LENDEX(レンデックス)
LENDEX
Crowdcredit(クラウドクレジット)

PocketFunding(ポケットファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)
FANTAS funding

※上記は全て管理人が実際に利用している事業者ですが、元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。