ホンネのソーシャルレンディング投資実践録

~ソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングのみでのインカムゲイン生活を目指して~

スマートレンドの年末特別ファンドをどうするか

こんばんは!ソーシャルレンディング投資家のサイタマンです。

 

今年の年末も募集されるみたいですね。楽しみにしていたスマートレンドの年末特別ファンドが(*^▽^*)

スマートレンドでは年2回、ゴールデンウィークと年末に需要が発生する「収納代行サービス」に必要な立替資金(家賃の回収と支払いのタイムラグを埋める資金)を募集する運用期間1ヶ月の特別ファンドが組成されます。

【募集概要】
・募集金額 :5~6億円
・運用期間 :1ヶ月
・年  利 :12%
・募集開始 :12月10日(月)午前11:00~
・最小投資額:5万円

 

【過去の募集実績】
2016年4月 :2.6億円
2016年12月:4.0億円
2017年4月 :4.5億円
2017年12月:5.2億円
2018年4月 :5.5億円

 

今年のゴールデンウィーク特別ファンドまでは、銀行口座に滞留している資金を全額入れる感じで投資してきて、既にこの特別ファンドだけで過去3回投資させていただき、30万円以上の利益を得ています。鬼の分散投資家のサイタマンが一つのファンドに1000万円以上入れるのは異例中の異例のことです。それだけ返済確度が高いファンドだと思っているからです。現在、一案件に500万円以上入れているのはTATERUのみで、SBISLやオーナーズブックに関しても、一案件50万円とか100万円で分散させて投資しています。

 

ここで注意しなければならないのは、このファンドの最終貸付先の家賃保証事業者も恐らくスマートレンドの関連会社であるという点です。

スマートレンドには今のところ何の問題もありません。

しかし、ガイアファンディングやグリーンインフラレンディングでの短期ファンド募集即期限の利益喪失事案を目の当たりにすると、いくら超短期でも無担保で関連会社に貸し出すファンドに大金を入れるのが怖くなってしまっているのも事実です。

グリーンインフラレンディングについては、行政処分(maneoマーケットに対してですが)や不祥事報道等があった上での返済遅延で何となく経緯が分かるのですが、ガイアファンディングに関しては、あまりにも急なことでさっぱり経緯が分かりません。いきなり1ヶ月前に募集を掛けたファンドが全額期限の利益喪失ですからね・・・

 

銀行口座にはTATERUから償還された資金と株の利益確定資金が眠った状態なのですが、今回は募集ギリギリまで検討事項として置いておくことにしました。

とはいってもこのファンドは全額埋まると思いますが(笑)

 ポチっとありがとぅ~ヾ(〃^∇^)ノ♪

↓  ↓  ↓


【口座開設リンク】

Funds(ファンズ)
Funds
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
OwnersBook(オーナーズブック)
OwnersBook
CREAL(クリアル)
CREAL
Crowd Bank(クラウドバンク)
クラウドバンク
LENDEX(レンデックス)
LENDEX
Crowdcredit(クラウドクレジット)

PocketFunding(ポケットファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)
FANTAS funding

※上記は全て管理人が実際に利用している事業者ですが、元本保証ではありませんので、投資するかどうかの最終判断は自己責任でお願い致します。